ミナミのレジャービルで【バーを開業】退去時の原状回復費用はいくらかかるの?

ミナミのレジャービルで【バーを開業】退去時の原状回復費用はいくらかかるの?

みなさんこんにちは!

 

BARやスナックなどのテナントを借りる際

退去の際にいくらぐらいお金がかかるか?

という質問をよく聞かれます。

今回は、テナント退去時にかかる【原状回復費用

についてミナミのレジャービルに特化して10年の

サンアクトが詳しく説明します。

 

【参考記事】

バーやスナックの居抜き物件退去時の【原状回復義務】で気をつける点を解説

貸店舗の退去時の原状回復にかかる費用

 

貸店舗の退去時・スケルトン返却

 

スケルトン工事の相場は

業種により変わりますが、

一般的に坪単価で3~5万円ほど

平均的に35,000円ぐらいが相場と

いわれています。

 

実際、原状回復に細かな規定がある場合には、

大きく前後する場合があります。

平均的にはそれぐらいかかると言われています。

 

この内訳は

・造作の撤去費用

・撤去物の処分費用

・撤去後の配線や配管の閉栓作業費用

・躯体壁などの修復費用

などが含まれる形になります。

 

貸店舗の退去時・見積もり時の注意点

 

業者によって、これらの金額は、

高額であったり、安くなったり

ということはあります。

 

ですから、見積もりも出来るだけ

多くの業者にお願いした方が、

安く請け負ってくれる業者を

見つけられるでしょう。

 

しかし安ければ良い

というわけにはいきません。

 

いざ依頼してみたものの、

別途追加で費用を請求され、

結局は高くついてしまうことも

ありえますので金額だけでなく、

内容もきちんと把握してから

依頼しましょう。

 

 

また物件によっては、貸主の指定業者を

使わなければいけないこともあります。

 

その場合、相見積もりを取って検討する

ということは難しいです。

 

但し指定業者の場合、費用の交渉に応じて

いただけることもありますので

指定業者がいるからといって、

費用交渉を諦める必要はありません。

 

しっかりと内容を把握して交渉を行い

ルールを守って、費用を節約して

退去処理を行うようにしましょう。

 

また、移転・増店等をお考えの場合は、

ぜひサンアクトまでご相談ください。

 

サンアクトはこのエリアに特化しておりますので

解約情報などをいち早くお届けすることが可能です。

 

ライン問い合わせはこちらから

 

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

サンアクト【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

スタッフブログカテゴリの最新記事