心斎橋や長堀橋で居抜き物件を契約する際に内装費はいくらかかる?

心斎橋や長堀橋で居抜き物件を契約する際に内装費はいくらかかる?

みなさんこんにちは!

 

心斎橋や長堀橋で賃貸店舗の主流になり

つつある居抜き物件は開業費用を安く

考えている方にとても人気があります。

 

 

そんな居抜き物件を活用しつつ

内装を自分流にアレンジしたい方に

 

今回は内装費が一体いくらぐらいになるのか

お伝えしたいと思います。

 

飲食店舗の居抜き物件とは

 

店舗の居抜き物件とは、コンクリート打ちっぱなし

ではない状態で、なにかしら前の店の造作や

物品、設備等が残っている状態を指します。

 

 

その範囲は幅広く、壁床天井だけが残っている店舗から

厨房設備一式も残っていてすぐにでもオープン

できる店舗まで様々です。

 

 

飲食店舗の居抜き物件の内装費用

 

内装費といっても、どこを引き続き使用して

どこを自分流にアレンジするかによって

費用のかかり方は変わります。

 

居抜き物件で料理店の場合

 

 

例えば飲食店の場合いちばん費用が

かかるのは厨房設備です。

 

厨房設備をそのまま引き継いで

インテリアなどを好きなデザインのものに

変更するだけなら、スケルトンから作るよりも

かなり費用を抑えることが可能です。

 

 

またイスやテーブルなどを、以前のお店と全く違う系統の

デザインのものを取り入れるだけでも

同じ業種であったとしても、印象はかなり変わります。

居抜きを上手に活用し、心斎橋や長堀橋で

低価格の開業を目指しましょう!

 

 

移転・増店等をお考えの場合は、ぜひサンアクトまでご相談ください。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

https://3act-osaka.jp/property/

スタッフブログカテゴリの最新記事