大阪ミナミで飲食店を出店するなら「居抜き物件」「スケルトン」どっちがおすすめ?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
大阪ミナミで飲食店の出店をお考えの方もいらっしゃるかと思います。
 
新しく店舗を出店する際に物件を探していると、
「居抜き」や「スケルトン」という言葉が出てきますが、
どのような意味かはご存知でしょうか?
 

 
賃貸物件を借りることには変わりないのですが、
居抜きとスケルトンでは借りたときの状態が異なりますので、
その後の出店計画にも大きく影響してきます。
 
居抜き物件とは前テナントが使っていた設備や造作・什器備品等が、
残っている状態で借りることの出来る物件のことです。
賃貸借契約では原則として、
内装を借りたときの状態に戻す【原状回復】の義務が発生しますが、
撤退するテナントしては出来る限り、
余計な費用(原状回復費用)をかけずに退去したいと思うものです。
そこで貸主の合意がある場合に限り居抜きのまま撤退することができ、
居抜き物件として募集に出ることになります。
 
またスケルトンとは『骨組み』を意味し、
壁や床を含めた内装造作が一切なく、
コンクリートがむき出しの状態になっていることです。
基本的にはどの店舗もスケルトンで貸し出して、
スケルトンに原状回復した上で返すのが賃貸借契約の基本となりますので、
居抜き物件と比べると圧倒的にスケルトン物件の方が多いです。
 
初期費用を抑えるなら居抜き物件、
いちから自分好みの飲食店を出店したいなら、
スケルトンがおすすめです。
 

 
大阪ミナミで飲食店の出店をお考えでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事