最近流行している居抜き物件の意味とは?

最近流行している居抜き物件の意味とは?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
何かしらの商売を始めるために、
物件探しを始められた方は、
よく居抜き物件という言葉をみたり、
耳にされたりする機会も多いかと思います。
 

 
最近とっても流行っている居抜き物件。
どういう物件かといいますと、
設備や什器備品、家具などがついたままで売買、
または賃貸借される物件のことです。
主に飲食店や旅館、店舗、工場などで、
営業用設備や内装が付帯した状態での売買や賃貸をいいます。
 
居抜き物件で購入したり借りた人は、
すでにある設備を利用することで初期費用を抑えることができ、
早期に営業が開始できるという利点があります。
居抜き別件では、付帯設備の価値も含めて物件の価値が判断されます。
 
お店を新規で出店したい方は、
「出店のコストを抑えたい」
「出店時コストを一日でも早く回収したい」
「ランニングコストを抑えたい」など、
「コスト削減」を気にされていると思います。
そんな時代だからこそ、
店舗業界では「居抜き物件」が注目されています。
 

 
大阪のミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
大阪ミナミの居抜き物件に強みをもつ、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事