はじめての飲食店開業 居抜き物件とスケルトン物件どっちが良い?

はじめての飲食店開業 居抜き物件とスケルトン物件どっちが良い?

みなさんこんにちは!

 

新しく店舗を出店する際に物件を探していると、

「居抜き」や「スケルトン」という言葉が出てきます。

 

 

どちらが良いのか?またその違いとは?

 

まずは、違いからご説明したいと思います。

 

『居抜き』と『スケルトン』違いとは?

 

どちらも、賃貸店舗を借りることには変わりないのですが、

居抜きスケルトンでは借りたときの状態が異なりますので、

その後の出店計画・退去費用にも大きく影響してきます。

違いを理解して判断してください。

 

『居抜き物件』と『スケルトン物件』その違いとは?

 

飲食店の居抜き物件とは

 

居抜き物件とは前テナントが使っていた設備や、

造作・什器備品等が残っている状態で借りることの

出来る物件のことです。

 

 

賃貸借契約では原則として内装を借りたときの状態に戻す、

【原状回復】の義務が発生しますが、撤退するテナント

としては出来る限り、余計な費用(原状回復費用)をかけずに

退去したいと思うものです。

 

そこで貸主の合意がある場合に限り居抜きのまま退去する

ことができ、そのまま居抜き物件として募集に出ることになります。

 

賃貸店舗のスケルトン物件とは

 

一方スケルトンとは『骨組み』を意味し、壁や床を含めた内装造作が

一切なく、コンクリートがむき出しの状態になっていることです。

 

基本的にはどの店舗もスケルトンで貸し出して、スケルトンに原状回復

した上で、返却するのが賃貸借契約の基本となります。

 

『居抜き』と『スケルトン』どっちが良いのか?

 

どちらが良いのか?

考えるポイントは2つだと思います。

 

①それぞれのメリットを比較する

 

『居抜き』の最大のメリットは、内装費用が抑えられ

初期投資を圧縮できる事だと思います。

 

 

その代わりに、店内レイアウトや、厨房の広さなど理想通りの

居抜き物件は存在しないので、物件選びに妥協点が必要です。

 

『スケルトン』のメリットは、イメージ通りのお店が造れます。

その分、内装費用はかかります。

 

②開業までの時間を考える

 

コンディションによっては、即営業可能な『居抜き』物件も

存在します。

一般的にはわずかな手直しで開業される方が多いですが、

居抜き物件を借りた方は、1ケ月以内のオープンを目指されます。

 

『スケルトン』物件を借りた方は、

2~3ケ月後のオープンが大半です。

ガスや電気の引き込み工事から

始まるスケルトン物件もあります。

 

 

工事開始の前に、施行内容を貸主から

承諾を得なければ着工出来ない物件も多いです。

 

 

居抜きとスケルトンどっちが良いのか?まとめ

 

居抜き物件のメリット

 

開業資金が抑えられ、開業までの時間が短縮できる。

退去時の返却条件の制約が少ない事が多い。

 

スケルトン物件のメリット

 

借主様の理想通りの店舗で開業いただけます。

ただし、費用と時間がかかります。

 

また、解約時の返却条件などは、契約前にしっかりと

確認を行ってください。

 

『居抜き』と『スケルトン』どちらもメリットはあります。

 

時間と費用を比較して検討してください。

 

 

また、居抜き物件を部分改装して、

理想に近いお店を開業される事も可能です。

 

スケルトンから造った場合と費用と時間の比較を

されるのもよいでしょう。

 

大阪ミナミ心斎橋で物件をお探しでしたら
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

 

https://3act-osaka.jp/property/

スタッフブログカテゴリの最新記事