居抜き物件にかかる造作譲渡料とは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
居抜き物件をお探しの際に、造作譲渡料という言葉を、
見聞きされるかと思います。
 
造作譲渡料とは、居抜き物件に残されている内装、
厨房設備、空調設備、什器などの設備を、
新たな借主が買い取るための費用のことを指します。
 

 
費用は設備の内装の性能や使用年数ではなく、
その物件の価値(立地や集客力)によって設定されます。
居抜き物件を契約する際は、
貸店舗のオーナー側と結ぶ賃貸借契約とは別に、
前の店舗の事業主(内部造作の所有権者)とのあいだで、
造作買取の契約を結ぶ必要があります。
これは、事業の一部またはすべてを他社に売却することにあたり、
法律上では事業譲渡(営業譲渡)にあたります。
 
造作譲渡には、造作買取の他に、
内部造作の所有権がリース会社や貸主に移行しているケースがあります。
リース会社に所有権が移っている場合、
内部造作や設備を使用する場合は、
別途リース会社とリース(サブリース)契約、
または業務委託契約を結ぶ必要があります。
 
また、所有権が貸主に移っている場合は、
無償で貸与されるケースもあります。
この場合の注意点として、
リースまたは無償貸与されている造作を解体、新設する場合は、
事前に所有権者と交渉する必要があります。
 

 
大阪で居抜き物件のお問い合わせでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事