飲食店の居抜き物件で契約時によく耳にする【造作譲渡料】について解説

飲食店の居抜き物件で契約時によく耳にする【造作譲渡料】について解説

みなさんこんにちは!

 

居抜き物件をお探しの際に

造作譲渡料という言葉を

見聞きされるかと思います。

 

飲食店の造作譲渡料とは

 

居抜き物件に残されている内装や

厨房設備、空調設備、什器などの設備を

新たな借主が退去される前借主から

買い取るための費用のことを指します。

造作譲渡料の決め方

 

造作譲渡料は内装や設備の性能

使用年数などによって決まるのではなく

その物件の価値(立地や集客力)

によって決まるケースが多いです。

造作譲渡料の交渉

 

金額の設定は基本的には店内造作を「売る人」が

自由に設定できます。

 

設定された金額で「買いたい」という人が

複数いれば、減額しなくても売買が成立しますし

逆に「買いたい」人がいなければ

売り手に減額交渉に応じてもらいやすく

なることもあります。

飲食店の造作譲渡付きの物件契約について

 

居抜き物件を契約する際は

貸店舗のオーナー側と結ぶ賃貸借契約とは別に

前の店舗の借主(内部造作の所有権者)との間で

造作買取の契約を結ぶ必要があります。

 

これは、事業の一部またはすべてを

他者に売却することにあたり

法律上では事業譲渡(営業譲渡)にあたります。

 

造作譲渡付き物件契約でのメリットとデメリット

 

【参考記事】こちらもご参考になさってください↓

知らなきゃ損!居抜き物件の【造作譲渡】そのメリットとデメリットを【徹底解説】

飲食店の造作譲渡で気をつける点

 

冷蔵庫など設備の所有権を確認すること

 

造作譲渡には、造作買取の他に

内部造作の所有権がリース会社や貸主に

移行しているケースがあります。

 

リース会社に所有権が移っている場合

内部造作や設備を使用する場合は

別途リース会社とリース(サブリース)契約

または業務委託契約を結ぶ必要があります。

 

また、所有権が貸主に移っている場合は

無償で貸与されるケースもあります。

 

所有権がリース会社又は貸主の場合の注意点

 

リースまたは無償貸与されている造作を

解体、新設する場合は事前に所有権者と

交渉する必要があります。

サンアクトでは物件探しから物件契約後のフォローまで、

経験のあるスタッフがサポートさせていただきます。

 

将来的に飲食店開業をお考えの方へ

こちらもご参考になさってください↓

いつか心斎橋エリアで飲食店をやりたいとお考えのあなたに伝えたいこと

 

まずはどんな物件があるのか、楽しく物件探しから始めましょう!

↓↓↓
https://3act-osaka.jp/property/

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件をお探しなら
サン・アクトにおまかせください☆
【参考記事】サンアクトお客さま口コミ一覧
ラインやメールでもお問い合わせ受け付けております。
LINE質問    ライン サンアクト質問箱
メールでのお問い合わせはこちらから
サンアクトメールお問合せ

スタッフブログカテゴリの最新記事