大阪の四ツ橋に多い居抜き物件の店舗面積とは?

大阪の四ツ橋に多い居抜き物件の店舗面積とは?

 
みなさんこんにちは^^!
 
「四ツ橋」は大阪以外の方には馴染みの薄い地名かもしれませんが、
心斎橋・難波と同じエリアとなり、
かつ、大阪のオフィスエリアの中心地である本町駅からひと駅の立地となります。
 

 
大通りから少し中に入ると、
アパレルやネイル、エステ、デザイン家具の小店舗が点在していて、
四ツ橋(=堀江エリア)というとお洒落なイメージをお持ちの方も多く、
また飲食店も多数ある街です。
 
そんな四ツ橋に多い居抜き物件の店舗面積は、
だいたい10坪前後が多いようです。
 
人気の堀江も近く、
立花通りをメインストリートに展開する南堀江は、
家具店が母体のインテリアショップや、
東京系のブランドショップなど大型店が目立ち、
北堀江は個人オーナーによる個性的で、
プチなショップが多いという異なった特徴を持っています。
 
人気のエリアだけに家賃もお高めです。
東西に長い堀江では、
1丁目→2丁目→3丁目→4丁目と西に行くほど家賃は下がり、
南堀江よりも北堀江の方がやや高めになっています。
 
数年前までは深夜営業の店がほとんどありませんでしたが、
ここ最近、営業時間を延長するダイニングが急増中で、
週末ともなれば、明け方までオープンしている店も少なくないです。
 

 
イタリアンからコリアン、和食までほぼ全ジャンルを網羅しており、
食堂などの庶民的な店もあります。
本格派バーも増え始め、「昼の街」から「夜も楽しめる街」へと進化中の堀江も近い四ツ橋。
 
居抜き物件を活用して開業してみませんか?

スタッフブログカテゴリの最新記事