心斎橋や長堀橋エリアに飲食店を出店したい!実際にかかる費用とは?

心斎橋や長堀橋エリアに飲食店を出店したい!実際にかかる費用とは?

みなさんこんにちは!

 

食いだおれの街、大阪ミナミ心斎橋エリアに飲食店を出店したい!

とお考えの方も多いと思いますが、

開業にどれぐらいの費用がかかるかご存知でしょうか?

 

飲食店を開業する際にかかる出店費用

 

 

個人で開業する小規模店の場合でスケルトンからだと、10坪前後で
700万円~1200万円程度かかります。もちろんお店の業態や規模、
出店場所によって金額は大きく変わります。

 

飲食店を開業する際にかかる費用のうちで一番高いものは

 

①賃貸店舗物件取得に関する費用

 

大きなものとして保証金(敷金)があります。

 

通常の住居用の物件と違い賃料の10カ月分程度が相場ですので、
例えば月20万円の物件を借りようとすると200万円の保証金を用意する必要があります。
また「居抜き」と言って、前の店舗の内装や設備をそのまま受け継ぐ場合は、
前の借主にその譲渡代金を支払うことになります。
金額は内装や什器の状態、経過年数などによって数十万~数百万まで様々です。

 

②店舗投資(内外装工事、備品の購入など)に関する費用

 

大きなものとしては厨房機器、看板、内外装、備品

(食器、調理器具、ユニフォーム等)があります。
居抜き物件の場合は厨房機器や内外装はそのまま

使えることもあり、投資を抑えることも可能です。

 

また、開店後の運転資金も用意することを忘れてはいけません。

 

初めての開店で一番陥りやすい計算違いは、資金不足です。

 

失敗しない資金計画の基本は、下調べで

手抜きをしないことです。

お金のかかることはすべて書き出し、
その一つひとつの項目についていちいち当たり、
細かく細かく積み上げていくことが大切です。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

新規出店で借入を検討されている方には

こちらのブログも役立ちます。

 

飲食店の新規開業の際に融資を受けるなら国金・銀行どちらがいいか?

 

 

スタッフブログカテゴリの最新記事