飲食店の居抜き店舗売却・閉店費用の軽減ってどういう事!?

飲食店の居抜き店舗売却・閉店費用の軽減ってどういう事!?

みなさんこんにちは^^!

今まで営業してきた飲食店を居抜きで店舗売却を

する際、比較に上がるのが閉店コストです。

 

飲食店を閉店する時にかかる費用とは?

 

店舗を返す時は、借りた時の状態に戻して

返却しなければいけません。

 

 

その為には、解体工事費など閉店コストが発生

します。

飲食店の閉店費用の内訳は

 

閉店費用とは閉店の際に発生する

 

・解約予告家賃(賃貸契約の予告期間中の家賃)

 

・現状回復費(原状を復旧するための費用)

 

などのコストです。

また、面倒な解約手続き作業で多くの時間も必要です。

 

このような費用を抑える為に、居抜き店舗を売却

するという選択肢があります。

飲食店舗売却における留意点は

 

①営業中に募集すること

 

 

売却譲渡が成立する大きな要素として、

店舗の営業中に買主様に向けて募集を開始する事が

重要になります。

 

 

既に閉店された居抜き店舗の譲渡では、

その売却価値が下落する場合が多いです。

 

 

②解約予告期間中に成約すること

 

 

ご希望の売却価格を維持するため、ゆとりを持って

募集活動を行ない、成約見込み状況等を考慮された

上で、賃貸借契約解約申し入れの時期を決定される

ことをお勧めします。

 

なぜなら、解約予告期間経過後は、賃貸借契約の

終了と同時に、スケルトンにて貸室を返却しな

ければならないケースが少なくありません。

 

 

スケルトンにする費用が退去時に発生するリスクを

回避する為にも解約予告期間中に成約する事が

大切です。

 

飲食店の店舗売却をお考えでしたら

大阪ミナミ・心斎橋の物件に強みをもつ

サンアクトまでお気軽にご相談下さいませ。

 

移転先をお探しなど

居抜き物件情報も、多数掲載されておりますのでぜひご覧ください。

https://3act-osaka.jp/property/

 

スタッフブログカテゴリの最新記事