居抜き物件が増えた背景とは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
2008年のリーマンショック以降に、
居抜き物件を活用して開業する人が圧倒的に増え、
飲食店の開業事情に革命を起こしたとも言われています。
 

 
今では、東京都内で開業した飲食店の、
半数以上が居抜き物件を活用したお店と言われています。
 
居抜き物件を活用することで、
開業資金を低くおさえることができるというメリットがあります。
低コストで開業ができるため、開業のハードルが下がり、
あらゆる人にとって開業しやすくなりました。
 
居抜き物件ならではの特徴を生かした、
個性的で魅力的な個人店も増えています。
 
居抜き開業とは、前にお店のオーナーが退去した居抜き店舗を、
一部または、全てを利用して開業することです。
 
メリットとして、すでにある設備や内装など利用することで、
開業にかかる初期費用をおさえることで、
1からお店を作るのに比べ、
圧倒的に低コストで開業ができます。
 
居抜きを利用しいた開業方法は、
昔から存在していましたが、ごく少数の開業方法でした。
スケルトンからお店作りが主流だった時には、
「居抜き物件はケチくさくて、カッコ悪い」と言われ、
あまりよいイメージをもたれませんでした。
 
リーマンショック以降、
居抜き物件を扱う不動産業者が増えたことが、
居抜き開業が増加した要員だと言えます。
 

 
大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事