居抜き物件を売るとは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
「賃貸」物件である以上、
借り手は建物の所有者である大家さん(貸し手)から賃料を払って借りていますので、
「物件を売る」と言うことは人の物を売ってしまう、と言う意味に聞こえませんか?
 

 
しかし説明するまでも無く、そんなことはできません。
 
「物件を売る」とは、借り手によって備え付けられた、
もしくは入居時に前所有者から譲り受けた、
内装や厨房機器、什器・備品、つまり現在の借り手の所有物を次の借り手に売る、
と言う意味を表現しています。
 
つまり、ここで言う「物件を売る」は、
「自分で購入したものを、次の借り手に売る」
という意味だということがお分かり頂けたのではないでしょうか。
 
物件の賃貸借契約時に、解約する際の手続きについても説明を受けたと思います。
 
基本的に契約書には、
「スケルトンにし明渡さなければならない。」
と書かれています。
 
にもかかわらず「売る」ということは、
単純に買取業者に引き取ってもらう、
もしくは一度他の場所に移しておいて、
新しい借主の契約後にまた運び入れる必要があるのではないか、
と思われる方もいらっしゃるかも知れません。
 
もちろんそのような手続きを踏むことが契約に沿ってはいますが、
こうすることにより元の借主のスケルトン工事費用と、
新しい借主の内装工事費用が発生し、
双方が経済的な負担を追うことになってしまいます。
 
そこで、まずは契約内容に沿わないことである以上、
大家さんの了承を得ます。
その上でお店を現状のまま引き渡すことにより、
経済的な負担も掛からず、
その上元の借主には売却金額が手元に残り、
新しい借主は内装工事の費用を減らすことが可能になります。
 

 
大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事