居抜き物件の内装工事で確認すべきポイントとは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
熟考してようやく決めた居抜き物件。
これから内装工事が進むにつれて、
まだまだ注意しなくてはならないことが続きます。
 

 
貸店舗の内装工事においては設計デザイン会社や、
施工会社との不慣れな打ち合わせがあります。
 
ようやく見積もりを決定して進めていても、
予期せぬアクシデントが発生するなど、
なかなか予定通りにはいかないものです。
今回は内装工事の工事期間中において、
確認すべきポイントのお話をしたいと思います。
 
内装工事のリスクを少しでも減らすためには図面が重要です。
自分の好きなようにデザイン、
設計して工事を完了させた後、
保健所による施設検査で指導を受けて、
工事をやり直すことになってしまうと、
予定していたオープン日に、
間に合わない可能性も出てくる場合があります
 
そういった事態を防ぐためにも、
図面は詳細な内容が反映されているものであることをしっかりと心得て、
事前に確認しておきましょう。
 

 
よく分からないまま、図面での説明に納得してしまい、
施工会社にすべてを任せた結果、
工事終了後の仕上がりがまったく違うものだった。
後から注文を付けたら追加工事が発生した。
などの失敗例もあるようですので、
施工会社とはよく打ち合わせをするようにしましょう。

スタッフブログカテゴリの最新記事