居抜き物件で譲渡できないものって?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
お店を現状のまま引き渡すことが、
居抜き物件の最大の特徴ではありますが、
譲れない物もあります。
 

 
あくまでも「自分で購入した物」が売れる対象ですので、
酒屋さんやメーカーから借りている、
ビールサーバー等は売ることができません。
 
また、クレジット払いで購入し、
まだ支払いが残っている物に関しても、
正確に言うと支払いが済むまでは自分の物ではありません。
 
その他リース契約を結んで使用している物も、
自分の物ではありません。
 
ただし、クレジットやリース契約の場合は、
「物件を売る」時の金額に含めてしまうことも可能です。
 
事前にもしくは契約が成立し金銭を受領し次第、
繰り上げて返済、もしくは買取をすることで、
譲渡可能物として取り扱います。
 
ちなみに事前の確認が必要ですが、
リース会社によっては、
新しい借主への引継ぎにも対応しています。
つまりリース会社と新しい借主に、
新たなリース契約を結んでもらい、引継いでもらいます。
 
しかし引継ぐ場合には、
元の借主が新しい借主の連帯保証人にならなければいけないことがあり、
新しい借主の支払い状況によっては、
後々になって請求が来てしまう可能性があるため、
引継がせずに残債を売買金額に含め、
造作の売買契約時に精算してしまう方法を取るケースが多いです。
 

 
大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事