スケルトン物件の意味とは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
スケルトン物件とは、
前事業の内装や設備を全て撤去し、
何もない状態に原状回復された物件です。
 

 
多くの賃貸契約物件では、
開業時に施したリノベーションを、
原状回復する義務が生じます。
 
一般住宅の賃貸契約では、
通常使用における物件の、
消耗や経年劣化に関する損傷は、
退居時に借主が費用負担する必要がないとされていますが、
店舗の場合は違います。
 
契約時に、
「退居時はスケルトンの状態に戻す」
という旨の記載があれば、
内装の解体・撤去の費用は、
すべて借主が費用負担する必要があるのが一般的です。
 
スケルトン物件を選ぶ利点は、
とことんこだわり抜いた内装や、
理想のレイアウトを実現しやすいという点です。
 
何もない状態からつくるため、
居抜き物件より融通がききやすく、
不必要な設備の撤去など無駄な費用が発生しません。 
 
個室をいくつか設けたい、
床の高さを変更したいなど、
細かな希望に合わせて自在な内装を実現できます。
 
しかしその分、全てを新たにつくるため、
こだわるだけ工事費用はかさみ、工事日程も長引きます。
 

 
大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事