心斎橋でバー物件の退去時に知っておきたい造作売買契約とは?

心斎橋でバー物件の退去時に知っておきたい造作売買契約とは?

みなさんこんにちは

 

バー物件を退去する時にお金がもらえる

退去方法があるって知ってますか?

 

今回はバー物件を退去する際に

少しでも費用を回収する方法について

お伝えしていきます。

 

造作売買契約で退去時にお金をもらおう

 

造作売買契約とは?

「造作売買契約?」

聞き慣れない言葉かと思いますが、

これは、物件退去時に物件内の

冷蔵庫や製氷機などの設備を

次の契約者に買ってもらう

契約のことをいいます。

この時にいただける造作譲渡代が、

「もらえるお金」というわけです。

 

※売買できるものは、借主が導入した

私物が対象となります。

※造作売買で次の契約者と入れ替わるには、

物件貸主の許可が必要となります。

造作売買契約 その他のメリット

 

①原状回復の費用負担がなくなります

物件退去時に原状回復義務が規定されている

物件では、店内補修やスケルトン可工事を

貸主から求められることがありますが、

この原状回復義務が次の契約者へ引き継がれます。

②物件の退去日を早められます

 

ミナミで物件を退去する時に多いのが

3ヶ月前予告の物件で、中には半年前予告

という物件もあります。

 

この間の家賃支払いをなるべく

抑えたいという時に

造作売買契約をすることで、

退去日を早めること可能となります。

 

売れそうなものがない時は??

 

肝心の売る物がない

そんな時でも造作売買契約は可能です。

 

設備がボロボロで価値がないと思って

いる方、そんなことはありません。

 

コロナの給付金などの影響もあり、

現在、ミナミのレジャービルは

ほぼ満室となっております。

 

こんな状況なので、

バーをできる物件というだけで、

希少価値という価値があるのです。

 

造作売買契約の注意点について

 

ここまで造作売買契約の良いことばかり

書いてきましたが、注意点についても

お伝えしていきます。

注意点①大前提として物件貸主の許可がいります

 

造作売買契約で、次の契約者と入れ替わる場合、

大前提として物件貸主の許可が必要です。

注意点②妥当な売却額に設定しましょう

 

高いと感じるか安いと感じるかは

人それぞれ違いますが、ある程度

相場感にあった売却額を設定しないと

いつになっても造作売買契約が

成立しないということも起こります。

 

この点を解消するために

内覧された方から、いくらなら買うか

という情報を担当者より

拾いあげてもらうことが大切です。

 

造作売買をするならご相談ください

 

サン・アクトは、

飲食店専門の不動産会社として

この心斎橋エリアで10年以上の

実績がありますので、

造作売買のノウハウだけでなく

物件を今必要としている方々を

おつなぎすることが可能です。

 

店舗の移転・閉店で迷われている方は、

解約届を出す前に、

ぜひ一度、サン・アクトへご相談ください。

株式会社サン・アクト

電話番号:06-6484-6723


ラインでのお問い合わせはコチラ

 

メール問い合わせはコチラです。

☆心斎橋や長堀橋で店舗売却をお考えなら

      サン・アクトにおまかせください☆

 

移転・閉店のサポート

スタッフブログカテゴリの最新記事