バーや飲食店の居抜き物件で必要になる改装費用は?

NO IMAGE

みなさんこんにちは!

物件取得など費用面でメリットのある

居抜き物件ですが、ある程度の内装や改装の

費用は確保しておいたほうが良いでしょう。

 

本日はバーや飲食店の居抜き物件で必要になる

改装費用や注意点について書きたいと思います。

 

居抜き物件でかかる費用とは

 

 

何にいくらかかるかチェックする

 

厨房機器も使えるものと使えないものが

あるかもしれないので、内見の際に

どれくらい費用がかかりそうか

確認しておく必要があります。

 

造作譲渡料

 

また、居抜き物件を契約する際、
改装費用以外のコストがかかることもあります。

それは、既存の内装や設備を買い取らなければいけない場合です。
内装や設備のことを「造作」ともいいますが、
この造作を譲り受ける「造作譲渡料」を要求される物件もあります。

必要な機器がどのくらいあるのか、
使えない設備や内装を取り壊す必要があるのかなども考えながら、
「造作譲渡料」の金額が妥当であるか判断したほうがよいでしょう。

そのほか、一般的な不動産物件と同じく、
敷金や保証金などもかかってきます。

 

居抜き物件で必要になる改装費用まとめ

 

コスト面で居抜き物件を選ぶ場合は、
保証金、造作譲渡料、改装費、賃料といった、
すべての経費を合計した金額が希望金額におさまるかどうか、
総合的に考えてみてください。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事