居抜き物件を借りる時には税金も注意!?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
お店を始めようとするときに、
居抜き店舗を借りるのも有効的な手段です。
前のお店の内装がそのままの状態となっており、
設備などもそのまま残された物件が居抜き店舗であり、
すぐにお店を始めたい人や、
飲食店での開業を検討されている方には、
向いている物件になります。
 

 
以前が何らかの店舗である居抜き物件の場合ですと、
初期費用を抑えられると同時にお店を開くのに、
問題ない場所でもあると判断できますので、
手間とお金の問題を早期解決することができます。
 
また物件を貸す・売り出す側にとっても、
居抜き店舗での売り出しはお得となります。
以前がお店であった物件を、
新たな相手に渡す際は内装や設備を取り払なくてはいけないので、
それにかかるかなりの額の解体費用を支払うことになります。
居抜きでの形にしますと、内容も設備もそのままですので、
解体費用を抑えられる居抜き店舗は需要が高まっているので、
すぐに次の相手が決まりやすくなります。
 
居抜き物件はこのように探している側にも、
貸す・売り出す側にもメリットがある良い方法ですが、
お店を探している側は契約を結ぶ前に色々と注意しておくこともあります。
 
居抜きは内容や設備がそのままで、
すぐに使える状態である条件となっていますが、
その譲渡に対しては無償と有償である場合があります。
内装や設備が最新であるものや値段が高いものであると、
買取りを打診されます。
買取りでも自分で用意するよりも損はないと判断してから、
話し合いに応じると良いです。
 
設備や備品を買い取るときに注意しておくのが、
耐用年数がはっきり分かっているかです。
設備と備品を買い取りましたら、
それに課税される税金もかかります。
確定申告する時には、設備と備品を減価償却して税金を割り出します。
耐用年数がはっきり分からないと、
正確な減価償却ができずに償却期間が長引き、
余計に税金を支払わなくてはいけないことにもなりかねません。
 

 
居抜き店舗を借りる際は、立地場所や内容と設備の面も重要視しながら、
設備と備品の状態が明らかにされているかも含めて決めるようにします。
安く費用を抑えられると言っても、自分の出資する金額は少ない額ではないので吟味が大切です。

スタッフブログカテゴリの最新記事