閉店コストとリスクを軽減する居抜き売却とは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
居抜き売却は、
営業用設備や内装が付帯した状態のまま、
店舗の動産部分を売買、
物件の賃貸借契約を結ぶことです。
 

 
既にある設備を活用することで、
買い手は初期投資を抑えた開店を、
売り手は閉店コストを抑えた閉店を行う事ができます。
 
・移転
・売上の減少
・体調不良
・高齢化
・後継者がいない
 
など閉店の理由は様々ありますが、
どんな閉店にも閉店コストとリスクが掛かることは事実です。
 
原状回復工事(解体工事・設備撤去)、
解約前家賃、各種契約解約に伴う違約金など、
閉店時には多額の「閉店コスト」が発生します。
居抜き売却なら原状回復工事・解約前家賃を0円にすることも可能です。
閉店コストを大幅にカットし、賢く退去できます。
 
また造作譲渡料は、店舗に付帯されている設備や内装などの、
動産部分を売却することで、買い手から得られる収入です。
通常閉店では出費となるはずであった、
店舗固有資産も居抜き売却することで、
収入に変えることが可能となります。
 
そして店舗をそのままの状態で受け渡せることで、
原状回復の義務が免除され、
保証金(敷金)が返還される可能もございます。
 

 
居抜き売却をお考えでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事