居抜き物件をお探しの方、リーズ物件はいかがでしょう?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
初期費用を下げたい、
開業までの時間を掛けたくないという理由で、
居抜き物件を探す方は多いと思いますが、
居抜きの他にも『リース物件(リース店舗)』があります。
 

 
リース物件は、居抜き物件とは異なり、
どれが誰の所有で、
退去時は何を払えば良いかなど、
責任の所在がはっきりしています。
 
その為、造作譲渡の交渉などをする必要がなく、
より短時間で開業が出来ます。
また、故障対応やメンテナンスは、
全てリース会社がやってくれるので便利です。
長期的な利用はあまり向いていませんが、
利用する期間が決まっている方にとっては、
計画的に使えばとてもお得な物件になります。
 
居抜きで出る時は、
それを使ってくれる人を見つけてからでないと退去させてもらえないのが一般的です。
その期間を十分に確保する為、
6ヶ月以上前に解約予告を出しましょう。
早ければ早い程良いです。
 

 
例えば契約当時、『解約する時は3ヶ月前に予告をする』
という取り決めをしていたとしても、
もっと早く解約予 告を出す分には、
オーナーにリスクは無いので 問題ありません。
使ってくれる人を探す期間、
どこまでを譲渡するのか範囲を決める期間、
造作譲渡買取金額の交渉をする期間など、
やる事は意外と多いです。

スタッフブログカテゴリの最新記事