賃貸店舗契約時にかかる初期費用の目安はどれぐらい?

賃貸店舗契約時にかかる初期費用の目安はどれぐらい?

みなさんこんにちは!

 

今回は、心斎橋・長堀橋エリアで年間100件をこえる

店舗不動産の仲介をしている弊社の情報をもとに

賃貸店舗を借りる際にかかる

初期費用の目安についてお伝えしたいと思います。

 

初期費用は家賃10ヶ月分が目安

 

心斎橋・長堀橋エリアで、

賃貸店舗の取得にかかる初期費用は

家賃の10ヶ月分ぐらいが相場になります。

 

それではその内訳についてみていきましょう。

 

①礼金・敷金(保証金)≒家賃6ヶ月

 

礼金と敷金がそれぞれ3ヶ月分かかってきます。

 

礼金は家主様に支払うお金で返ってきませんが、

敷金(保証金)は、退去時の補修等に使った費用を差し引いて

借主さまのもとへ返ってくるお金です。

 

②初月家賃+共益費≒家賃1ヶ月

 

契約時に初月の家賃と共益費を

求められるケースが一般的です。

 

※仮に家賃無料期間が設定されていたとしても

無料期間開けの月の家賃支払いを求められます。

 

③保証会社保証料≒家賃1ヶ月

 

保証会社とは、

もし家賃滞納などが合った場合に、

借主さまの代わりに家主さまへ立替払いを

する機関で、家主さまにとって保険的な役割を果たします。

 

④仲介手数料≒家賃1ヶ月

 

こちらは、店舗の契約締結ができた時に

紹介・ご案内した不動産屋に支払うお金で、

通常家賃の1ヶ月分が必要になります。

 

⑤その他諸費用≒家賃1ヶ月

 

その他にかかる費用として

看板製作費

火災・損害保険料

家賃・共益費・礼金・仲介手数料などにかかる

消費税などが必要になり、

それらを合わせるとおおよそ家賃1ヶ月分となります。

 

まとめ:初期費用の目安

 

①礼金・敷金(保証金)≒家賃6ヶ月

②初月家賃+共益費      ≒家賃1ヶ月

③保証会社保証料           ≒家賃1ヶ月

④仲介手数料             ≒家賃1ヶ月

⑤その他諸費用            ≒家賃1ヶ月


合計         ≒家賃10ヶ月

 

以上が物件契約時の初期費用の目安となります。

新規開業をお考えの際の資金計画に

お役立ていただければと思います。

 

さらに詳しくはこちらをご参考ください👇

なんぼかかるん?心斎橋でスナックを開業する際に物件契約時必要な金額を【徹底解説】

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

スタッフブログカテゴリの最新記事