居抜き物件の選び方とは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
居抜き物件工事とは、
事業を開業する際に居抜き物件を選ぶことで必要となる工事のことです。
 

 
貸し物件の種類は、
大きく””居抜き物件””と””スケルトン物件””の2つに分けることができます。
物件の種類によって、初期費用や必要な内装工事の費用などが大きく変わります。 
 
店舗費は、開業するための店舗選びによって変わります。
購入物件か貸物件かを決めますが、
購入物件を選ぶ場合は、長期的に同じ場所で経営を続けていくことが前提となります。
 
多くの場合不動産ローンを組んで購入し、
毎月ローン返済がありますが、
購入する分財産にもなるため最終的にはお得です。
しかし経営が軌道に乗り、安定するという保証はありませんので、
物件購入は慎重に検討する必要があります。
 
一方貸物件を選ぶ場合は、毎月の家賃と管理費、
契約期間ごとの更新料などがかかります。
店舗の運営では経営が安定するという保証がありませんので、
一般的には貸物件を選ぶ方が多いです。
店舗を移転する可能性などを考えても、
貸物件の方がリスクが少ないと言えます。 
 

 
貸物件から始め、経営の安定が見込めてきたら、
購入物件への移行を検討していくのも良いでしょう。

スタッフブログカテゴリの最新記事