飲食テナントの居抜き物件【原状回復義務】について解説

飲食テナントの居抜き物件【原状回復義務】について解説

みなさんこんにちは!

 

飲食テナントの居抜き店舗物件を借りる際

あまり言及されることはありませんが

目にみえる「造作譲渡料」だけではなく

退去時の「原状回復費用」の有無についても

あらかじめ把握しておく必要があります。

テナントの原状回復とは

 

原状回復とは

物件を返却する際に

借りた時の状態に戻す

ということです。

但し、

実際の借りた時の状態

ではなく

契約上の「借りた時の状態

が正しい意味です。

飲食テナント居抜き物件の原状回復

 

借りた時にカウンターや椅子テーブルが

残っていたとしても

契約上は

「原状」=「スケルトン」

となっていれば

原状回復は「スケルトン

にしなければいけません。

居抜き物件での原状回復の注意点

 

居抜き物件を契約する際

前オーナーとの造作譲渡の契約は

貸主との賃貸契約とは別ものです。

 

居抜きで引き継いだ物件でも

貸主との賃貸契約では現在の借主が

責任を負うべき項目があります。

【参考記事】

バーやスナックの居抜き物件退去時の【原状回復義務】で気をつける点を解説

中でも重要なのが、原状回復についてです。

 

店舗の賃貸契約では通常ほとんど全ての契約に

解約時はスケルトンの状態に戻して貸主に返すこと

という原状回復の義務が記載されています。

これは居抜きで契約した場合も同様で

前オーナーの残した内装や設備も

現在の借主が撤去する責任を負います。

 

解約時にうまく次の人に居抜きで

譲ることができればよいですが

借主が見つからない、あるいは貸主や

新しい借主にスケルトンに戻すことを

求められた場合は撤去や処分にかかる

費用を負担しなければなりません。

まとめ

 

原状回復」を借りた時の状態と思い込み

スケルトンを要求されてトラブルになる

ケースもあります。

 

契約内容に原状回復が含まれているのであれば

何をもって原状回復とするのかを

貸主と認識をすり合わせておくことが必要です。


退去時の原状回復についてまで気が回る人は

なかなかいませんが契約の内容次第では

先々多額の工事費用が発生することになります。

 

いま目の前にある「造作譲渡料」だけを見るのではなく

将来の原状回復費用についても勘案するようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

【参考記事】サンアクトお客さま口コミ一覧

ラインやメールでもお問い合わせ受け付けております。

LINE質問    ライン サンアクト質問箱

メールでのお問い合わせはこちらから

スタッフブログカテゴリの最新記事