居抜き物件を借りる際は、退去時の原状回復も頭に置いておきましょう。

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
物件が決まって賃貸借契約を交わす際に、
解約する時のことを想像する方は、
多分いらっしゃらないと思います。
 

 
自然と契約書の内容は、
営業時間の制限や工事をする際の、
届け出などはよく理解しているのに対し、
契約の解約手続きや借りた物件を、
大家さんに部屋を返す時の取り決めは、
まったく記憶にないと言うのが、
ほとんどではないでしょうか。 
 
賃貸借契約を仲介する不動産会社は、
法律で決められた内容を借主に対し、
重要事項説明書という書面を交付し、
説明する義務を負います。
 
その関係で契約を解約する際の、
説明も行うのですが、
縁起でもないと怒られることもあります。
 
これからお店を始めるにあたり、
意気揚々と契約に望まれる気持ちは、
よく理解できるのですが、
いざ解約という段になって、
その内容を冷静に理解し、
最初に理解していれば、
その物件は借りなかったというケースは、
数知れずあったのではと思います。
 
その中でも一番もめるのが、
この原状回復に関する項目です。
しっかりとした知識をもって、
契約に望んで頂きたいと思います。
 

 
大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談下さいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事