居抜き物件とスケルトン物件。おすすめは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
「居抜き物件」がいいのか「スケルトン物件」が良いのか、
店舗を選ぶうえで悩むポイントです。
なぜなら、飲食店の開業のために必要な、
初期投資の中でも大きな割合を占めるのが、
キッチンの設備と客席の内装だからです。
せっかく新しいお店を始めるのですから、
自分が思い描いたものをゼロから作るのが理想かもしれませんが、
資金には限りがあります。
 

 
そこで、初期投資を抑えるための有力な方法として、
居抜き物件を活用する方法があるのです。
初期費用を抑えるのであれば居抜き物件が良いとされ、
内装やキッチンの配置にこだわりがあるのであれば、
スケルトン物件が良いと言われていますが、
実際はどうなのでしょうか。
 
確認しておくべきポイントをこれからご紹介します。
 
飲食店の開店に向けた工事の相場は、
業態にもよりますが坪単価40万円前後といわれています。
特にキッチン周りは、配管やダクトなど大規模な工事が必要になり、
初期費用として重くのしかかってきます。
居抜き物件の場合、前テナントの設備が活用できると、
初期費用節約の大きなポイントとなります。
 
飲食店はキッチンや接客スペースに設備が多いため、
アパレルの店舗などと比べると、
出店にあたっての初期投資が大きいといわれています。
そこで料理より空間をメインに集客していくというコンセプトを立てれば、
キッチンにかける初期投資を抑えることができます。
接客スペースのオリジナリティーを大切にするのであれば、
スケルトンの方がイメージに近いものが出来上がります。
 

 
大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談下さいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事