居抜き物件のメリットとデメリットとは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
最近人気の居抜き物件には、
どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
 

 
メリットとしては、過去のお店から残されている内装や設備をそのまま使用できるため、
初期投資を少なく抑えることができることがあげられます。
ただし、居抜き物件のなかには、
造作譲渡料の支払いを求められることがあるので注意しましょう。
また、工事期間も短くてすむため、開業までの家賃負担を低く抑えられます。
 
一方、デメリットとしては、店内のレイアウトがある程度決まっているため、
イメージ通りの内装にしにくい点があげられます。
特に、飲食店の場合では、水回りである厨房やトイレの改装が難しいケースが多いようです。
 
また、引き継いだ設備が古く、実際には使えないといったこともあります。
その場合、新たに買い足す必要が出てくるため、
結果的に造作譲渡料以外に新たに造作工事費が発生してしまうので注意が必要です。
居抜き物件を見学する際は、設備が実際に使えるかどうか、必ず確認しておきましょう。
特に、前のお店が閉店してから期間が空いている場合などは注意したほうがよいでしょう。
 
また、開業するために必要なこととして、電気、ガス、水道などが、
必要な量を満たしているかどうかも確認しておきましょう。
 

 
居抜き物件のなかには、過去に営業していたお店が、
経営不振のために撤退したケースも少なくありません。
そういった物件の場合、周辺に悪いイメージが浸透していため、
新たに開業してもマイナスのイメージをぬぐえないことも考えられます。
そうならないためには、契約前に不動産会社に必ず確認しておいたほうがいいでしょう。

スタッフブログカテゴリの最新記事