貸店舗で、駐車場は必要?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
店舗経営を成功させるにあたって「駐車場」は重要な要素です。
いくら立地の良い場所へ出店しても、
駐車場に関連したニーズに応えられないために来客数が落ち込み、
経営そのものを圧迫するケースは珍しくありません。
店舗探しの際に検討すべき項目は多岐に及ぶため、
なかなか駐車場にまで気を回せない事情もあるかと思いますが、
 

 
「落ち着いてからゆっくり考える」
「その後の展開次第で再検討する」
 
という先送り的な発想は不動産の性格上、ほぼ通用しないでしょう。
 
最近は駐車場が確保しにくい市街地から敢えて離れ、
郊外へ大型店を構える飲食店や小売店もあります。
 
駐車場について考える場合に、
まず検証すべきポイントは商品単価と客数の設定です。
売上は、(商品単価)×(客数)で計算されます。
商品単価が定まれば、次は客数を検討します。
 
1日単位で何人の客に販売すれば、
最低限の利益を確保できるのかという指標になるからです。
飲食店の場合は、ほぼ、来店数=販売数といえますが、
小売業の場合は、「冷やかし客」もいますから、
来店数に対し、販売できる割合を事前に調査しておきましょう。
 
次に検証すべきポイントは、客の回転率です。
経理上でいう厳密な「回転率」は、
1日に店が何回満員になるのかという意味であり、
(回転率)=(1日の総客数)÷(店の総席数)で算出されます。
 

 
例えば、1日の総客数が80名で、総席数が40席なら、
80÷40=2となり、2回転です。
これに営業時間帯ごとの客数データを加味し、
店内にいる平均的な客数を把握します。
その上で、駐車場のバランスを考えてみましょう。

スタッフブログカテゴリの最新記事