居抜き物件の内装工事をする際は、優先順位を決めましょう!

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
居抜き物件であれば、
以前の給排水設備やダクト、
シンクなど厨房設備が一式残っているケースがほとんどです。
前のお店と同じような業態であれば、
それほど悩むことはありませんが、
すし屋さんをラーメン店にするとか、
ラーメン店を居酒屋にするだとかの場合、
厨房内の改造が必須となってきます。
つまり 内装にお金をかける前に、
飲食店として料理が出せる環境作りが優先となります。

ある意味居抜き物件を選ぶポイントとも言えます。
なぜなら下手をするとここで予算を使い果たしかねません。
次に優先順位が高いのは看板です。
前のお店と同じと言う訳にはいきません。
ここはお店の顔となりますので、
しっかり予算を見てください。
その後でようやく店内の模様替えとなるのですが、
高いクロスを張らなくてもペイントで十分いけます。
中には絵心があって自分でフレスコ画張りに絵を描く方や、
メニューを壁に書いてしまう方など、
工夫次第で低予算で乗り切れる部分でもあります。

この優先順位を決めるのは施主であるあなた自身です。
ここで優柔不断になると高い出費をすることになりかねません。
しっかりとイメージと決断力を持って決めてくださいね。

スタッフブログカテゴリの最新記事