居抜き物件を内見する際の注意点は?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
不動産を借りる場合は内見をするのが常識ですが、
居抜き物件の場合も同じです。
ネットの画面上や、書類の上だけに記された条件だけでは、
実際に使う予定の厨房機器や空調、内装などは分かりません。
居抜き物件を見つけたら必ず内見をしましょう。

居抜き物件では造作譲渡として店舗の設備を譲りうけているはずなのですが、
意外と見落としている点で「リース備品」が存在します。
リース備品は造作譲渡には含まれず、
前店舗の閉店と同時にリース会社が回収してしまいます。
アテにしていた備品が回収されてしまい、
再度借り直すと痛い出費にもなりかねません。
また手続きなどによりオープンが遅れる可能性もあります。
内見時にリース備品の有無は必ず確認しましょう。
オープンする店舗の業態によっては、
水道・ガス・電気の使用量が大きく異なります。
居抜き物件の前オーナーが同業者なら良いのですが、
例えば、喫茶店とラーメン屋と焼き肉店だったら水道代とガス代が全く違います。
これらの許容が足りないと、結果的にガスや電気の工事をするはめになり、
スケルトンの費用と同じぐらいの金額がかかってしまう事もあるのです。
内見する時は電気・ガス・水道メーターも忘れずにチェックしましょう。

中には店舗の内外装、区画の工事を適法で行っていない物件も存在します。
自分の店をオープンしてから指摘された場合、
責任は前オーナーではなく現オーナーに課せられます。
改めて改修工事をしなければならない事態を避ける為にも、
内外装に違法性はないかのチェックも行うようにしましょう。

スタッフブログカテゴリの最新記事