菜根譚|ミナミ心斎橋で働く貸店舗専門不動産社長のブログ

NO IMAGE

おはようございます。
 
 
ミナミで働く貸店舗専門不動産社長の辰本です。
 
 
今日は建国記念の日ですね。
 
 
日本は何年前に誰が作ったのか?
これを答えられる人は
少ないと思います。
 
 
今年で2680年と言われております。
世界的に見ても最古の国です。
 
 
初代天皇は神武天皇です。
 
 
今で126代続いております。
 
 
年末休みに【菜根譚】
という本を読みました。
これは中国の古典です。

 
儒教・仏教・道教から
成り立つ優れた人生の書です。
 
 
儒教がエリートの思想だとすると
道教は民数の思想とも言われてます。
 
 
【足るを知る】で有名な
【老子】は道教の哲学者です。

 
菜根とは粗末な食事のことで
そういう苦しい境遇に耐えたもの
だけが大事を成し遂げることができると
いった意味があるそうです。
 
 
譚は談と同じ意味です。
菜根譚は江戸時代に
日本に伝わったそうです。
 
 
経営は結果が求められますが
その前に人格者でなければなりません。
 
 
私は器が小さいので、拡張したいという
強い思いからこの本にたどり着きました。
 
 
前集225 後集135

 
それぞれ短い文章でまとめてあるので
少し時間ができた時や
酒を片手に読むことも
できるのでおすすめです。
 
 
この街で一番役立つ店舗専門不動産会社になるため
本日も熱狂します!
 
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しなら
サン・アクトにおまかせ下さい☆
 
 
1.それは役に立つのか?
2.相手の立場でシンキング
3.事前準備の徹底
4.ベストを尽くす
5.気持ちいい挨拶
6.for youの精神で
7.だとしたらどうする?
 
上記7つをベーシックに行動します!
 
http://3act-osaka.jp/

社長日記 - ミナミを愛する社長の奮闘記カテゴリの最新記事