死について考える|ミナミ心斎橋で働く貸店舗専門不動産社長のブログ

NO IMAGE

おはようございます!
ミナミで働く貸店舗専門不動産社長の辰本です。
先日、私が受講したアチーブメントダイナミックコースの
アシスタントをしてくれた方が癌で亡くなりました。

 
3日間でしたが本当に色んな事を
教わり気付かせてくれました。
2014年私にとって最も楽しく
充実した3日間でした。
病気になった後も最後まで
仕事をして組織を作り
店舗を増やし活躍されておりました。
最後に会った時も某セミナー会場で
また飲みましょうと言うと
今、お酒やめてて・・と
もしかしたらその時から体調が
悪かったのかもしれません。
フェイスブックで活躍は見ておりましたが
38歳と夢半ばでの死は本当に残念です。
彼の分まで頑張ろうと思います。
 
もし私が彼と同じ立場になったら
何をするか?どう過ごすかを考えてみましたが
私もきっと彼と同じく仕事をして
このミナミの街に貢献し
必要とされる企業になるため
残りの人生を使うと思います。
人は必ずいつか死にます
それは今日かもしれませんし
何十年後かもしれません
父は55歳で他界しました。
私はいくつまで生きれるのか?
彼のように惜しまれながら
見送られるような人生を
過ごしたいと思います!
 
みっちーありがとな!
俺もいつかそっち行くから
その時はできなかった飲み
やりましょう!
心よりご冥福をお祈りいたします。
 
 
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせ下さい☆
1.それは役に立つのか?
2.相手の立場でシンキング
3.事前準備の徹底
4.ベストを尽くす
5.気持ちいい挨拶
6.for youの精神で
7.だとしたらどうする?
上記7つをベーシックに行動します
http://3act-osaka.jp/
 

社長日記 - ミナミを愛する社長の奮闘記カテゴリの最新記事