13項目|ミナミ心斎橋で働く貸店舗専門不動産社長のブログ

NO IMAGE

おはようございます!
 
ミナミで働く貸店舗専門不動産社長の辰本です。
2016年8月にランチェスター戦略の勉強会で
フランクベドガーの本についてのセミナーがあり
そこから自身の一週間のテーマを1つだけ書き出し
それを実行する【辰本康介の13項目】
を継続しております。

 
アメリカ建国の父と称される政治家
物理学者「ベンジャミン・フランクリン」が
日々実行していた13個の教訓です
 

Portrait of Benjamin Franklin from one hundred dollars bill new edition macro

 
 
それをベドガーも取り入れ実行
していたと学び私も真似ています。
 
私の場合徳目というよりは項目にして
1週間なるべくそれに合った行動を
するように心がけております。
この2週は【深く考える】でした。
 
考える時間は意識しないと
優先順位が低くなります。
 
そうなるとアイデアが
出せず上手くいきません
ちょうど考えたいことと
考えねばならないことが
一緒のタイミングだったので
ありがたかったです。
 
どうすればできるか?そう考えて
時間を決めてやる!
 
私の場合、時間がありすぎると
良いアイデアはでません。
なので夜は基本早寝です。
 
 
ベストコンディションの朝は最強です!
スタッフの出勤前が勝負です。
 
新しい習慣は【違和感】です
腕組みや足組も日頃と
逆にするとどうですか?
めっちゃ違和感ありますよね
誰でも最初は違和感なので
それに慣れるまでやるだけです。
習慣はそんな感覚ですね。
 
できないから学ぶ
できないから考える
できないから工夫する
13項目は実はよくできていて
1年は54週です
54÷13は4です
年間4回4週間チャレンジできます。
習慣にしたいことを集中してやると
あれもこれもというよりは楽にできます。
ベンジャミンフランクリンは1706年生まれ
なので300年ほど前の話です。
歴史から学ぶことはたくさんありますね。
さぁ本日も熱狂します!
 
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせ下さい☆
1.それは役に立つのか?
2.相手の立場でシンキング
3.事前準備の徹底
4.ベストを尽くす
5.気持ちいい挨拶
6.for youの精神で
7.だとしたらどうする?
上記7つをベーシックに行動します
http://3act-osaka.jp/

社長日記 - ミナミを愛する社長の奮闘記カテゴリの最新記事