居抜きと原状回復工事。分けるポイントは?

居抜きと原状回復工事。分けるポイントは?

みなさんこんにちは^^!
賃貸物件を借りる際の契約書には、
必ず原状回復条項が入っています。

簡単に言うと、借りた物件を返す時には、
借りた時の状態にして返しなさいと言うものです。
例えば、飲食店として借りた物件で、
借りた時の状態がスケルトンであったならば、
折角造り込んだ内装から厨房、
給排水設備からすべてを壊し、
元の状態にして返すことを意味しています。
これって結構な費用がかかります。
内装を壊したガラやゴミなどを捨てるだけでも、
産業廃棄物として2tトラック2台分は軽く出ます。
捨てるだけで20万円程になります。
因みに、全てを壊すには坪当たり10万円近くかかりますので、
10坪程度の飲食店でも解体工事費は100万円程になります。
当然解体をしないで居抜きでの残せるならと考えたくなります。
そもそも飲食店の居抜き物件が、
マーケットに出るにはある理由がありました。
それは滞納や倒産によりお店を閉店する場合です。
月額賃料の3~6ヶ月分を敷金の名目で、
大家さんに預けるのが一般的ですが、
解約の理由が業績不振などの場合、
滞納や解約予告期間(3ヶ月~6ヶ月)の家賃で、
その大半が無くなります。

結果原状回復工事を行うだけのお金が残っておらず、
壊されないままやむなく居抜き物件か、
内装残置物件として貸し出されていたのです。
しかし最近は違います。
そんな事情でなくても手順を踏んで交渉することで、
居抜きのまま解約が可能となります。

スタッフブログカテゴリの最新記事