初めて出店するなら、断然「居抜き物件」がおすすめです!!

初めて出店するなら、断然「居抜き物件」がおすすめです!!

みなさんこんにちは

ミナミの店舗アドバイザー サンアクトの岩崎です。

 

テナント物件を調べていると「居抜き物件」

という言葉をよく目にすると思いますが、

今回は、弊社が多数取り扱っている「居抜き物件」について

メリット・デメリットを交えてご説明したいと思います。

 

 

初めて出店される方におすすめなのが「居抜き物件」です

 

なぜなら、内装を一から造っていくスケルトン物件に比べ

初期投資を抑えることができるからです。

 

※スケルトン物件とは?

一般的に上の写真のようにコンクリートの打ちっぱなしのような状態を指し、

店舗内の床・壁・天井・その他内装などが何もない

「建物の躯体だけの状態」の物件をいいます。

 

 

※居抜き物件とは?

以前のテナントが使用していた設備・内装を残した店舗のことで、

飲食店、物販店を問わず不動産業界全体で使われている言葉です。

 

一般的には、床・天井・壁・厨房・エアコン・トイレなど

店舗内の主要設備が残っている状態のものを言います。

 

また物件によっては、「床・壁・天井だけあります」

「厨房だけあります」というように、

「内装が一部だけ残っている」という場合でも

「居抜き物件」として扱うこともありますが、

その場合は「一部居抜き」といった表現をすることが多いです。

 

飲食店の「居抜き物件」 メリット・デメリット

 

「居抜き物件」3つのメリット

 

①初期費用を抑えられる

最低限の工事や設備投資で済むため、工事費用を低く抑える事ができ、

投資回収までの期間もスケルトン物件に比べ短縮されます。

 

②出店までの期間が短い

必要箇所の改修工事だけで済むため、内装工事に充てる期間が少なくなるので、

出店までの期間が短くて済みます。

 

③お店に立った時のイメージがしやすい

お店のレイアウト等を確認しながら物件内覧ができるので、

実際に自分がお店に立った時のイメージがしやすいです。

 

「居抜き物件」3つのデメリット

 

①デザイン面で妥協は必要

前テナントの内装・設備什器を引き継ぐため

店舗設計デザインに制約があります。

 

※もちろん、お金をかければ内装を全体的に

造り変えることは可能ですが

その場合は元々あるものを取り壊してから造るので

スケルトン物件より工事費がかかってしまう

恐れもあり、あまりおすすめできません。

 

②設備面の保障はない

中古の設備を引き継ぐことから、開店早々に故障などの

トラブルが発生する可能性は否めません。

 

③前テナントのイメージが影響する場合あり

前テナントの評判が良くなかった場合

イメージ的にそれも引き継いでしまう可能性があります。

 

 

再度結論:初めて出店するなら「居抜き物件」がおすすめです

 

上記のようなデメリットもある「居抜き物件」ですが、

それらを差し引いても、スケルトン物件に比べ

大幅に初期投資が抑えられるので、

出店後の運転資金にもゆとりを持ちやすく、

店舗運営を軌道にのせるうえで有利に働くと期待できます。

 

まとめ

 

「居抜き物件」なら

初期投資が少なく済み、さらに出店までの期間も短いので、

投資したお金も早く回収できるなど

経営面でプラスに働く要素が多いことから

初めて出店される方へは

断然「居抜き物件」をおすすめします!!

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらに「居抜き物件」情報が多数掲載されておりますので、ぜひご覧くださいませ。

https://3act-osaka.jp/property/

 

 

お役立ち情報カテゴリの最新記事