飲食店の店舗売却で造作譲渡を早くする2つのポイント

飲食店の店舗売却で造作譲渡を早くする2つのポイント

みなさんこんにちは!

 

飲食店舗の売却をお考えの際の2つのポイント

 

 

①飲食店の売却は高くで売るではなく早く売る

 

時間がたてば経つほど、情報が出回り価値が下がってしまいます。

私の考えとしては最初の1週間が勝負だと思います。

 

 

②店舗の売却金額設定を高くし過ぎないこと

 

ほどほどの金額という表現はおかしいかもしれませんが、
やはりある程度の相場があります。

もちろん人間ですから少しでも高く売りたいと思います。

でも高すぎる価格設定をすると、
結果的に安くで売らざるを得ない

状況になる可能性が高まります。

 

使用年数や店内の状況、
立地によるプレミア感等によって、
適正価格というのは変わりますが、

それでも「なんぼなんでも高すぎる」

価格というものはあります。

高くで売れるケースの多くは、
買う側がお得感をもって購入出来る

ギリギリの高値です。

 

現在周辺で出てる居抜き物件や

スケルトンの物件を借りるよりも、
この物件を契約した方が良いなと

思えるギリギリの高値を狙うのがオススメです。

 

 

スケルトンから造る事を思えば安いもんでしょと思いますが
最近は造作譲渡条件が無い居抜き物件も出てきているので、
必ずしもスケルトン物件がライバルではありません。

むしろ居抜き店舗を探している方がお客様ですから、
ライバルは同じ様に造作譲渡条件が付いている居抜き店舗か、
造作譲渡条件が付いていない居抜き店舗です。

 

担当者によってスピードや金額が変わる場合もあります。

こちらのブログも参考にしてみてください。

 

 

ミナミ心斎橋の飲食店舗専門不動産営業マンが思う「良い不動産営業マン」とは

ミナミ心斎橋エリアで店舗売却をお考えなら
サンアクトまでお気軽にご相談ください。

 

 

スタッフブログカテゴリの最新記事