ミナミ心斎橋で飲食店居抜き物件を借りる際のメリットとデメリットを解説

ミナミ心斎橋で飲食店居抜き物件を借りる際のメリットとデメリットを解説

みなさんこんにちは!

 

はじめて飲食店を開業される方は

居抜き物件を選ばれることが多いです。

理由はやはり【費用面】です。

 

スケルトンを借りて一から店舗を造ることを考えると

費用は格段に安くおさまります。

 

ただし、居抜き=安い

という認識は危険です。

 

今回はミナミ心斎橋エリアで居抜き物件を

借りる際のメリットとデメリットについて

詳しく解説します。

 

飲食店居抜き物件とは

 

前入居者さんが飲食店を営業していて

その飲食店の内装や設備などが残されている物件を

「居抜き物件」といいます。

飲食店居抜き物件の特徴

 

カウンターや、椅子、テーブル、厨房設備など

まだまだ使えそうな物が残されているケースが多いので

それをそのまま使うことができます。

 

居抜き物件については

こちらもご参考になさってください↓

初めての【バー開業】知っておきたい居抜き物件3つのメリット・デメリットを徹底解説

飲食店居抜き物件の活かし方

 

すでに飲食店のレイアウトがある程度できている物件ですので

それを活かすことで、内装工事費用を削減できます。

 

カウンターの位置を変更したり

調理スペースの広くしたり狭くしたりする場合

既存の解体工事から始めなければなりませんので

その分、工事費用も増えることになります。

 

できる限り、既存のお店の形は活かす方がよいでしょう。

居抜き物件以外の場合

 

貸店舗のインターネットサイトなどを見ると

いまやほとんどが「居抜き物件」となっていますが

実は居抜き物件以外にも

「スケルトン物件」「リース物件」

というのもあります。

スケルトン物件

 

何もなく、壁床天井だけがある物件が

スケルトンです。

飲食店の内装レイアウトをいちから

デザインしたい方に向く物件です。

 

居抜き物件と比べると工事など費用面では

高くなります。

リース物件

 

「お店を貸します」という意味です。

お店として機能する状態で貸してもらえますので

内装や設備が「即営業可能」な状態です。

但し、内装を変更したり、席の配置を変更したり

することは難しい場合があります。

 

また、物件によっては、エアコンや冷蔵庫などの

設備の修理交換までしてもらえるリース物件もあります。

印飲食店居抜き物件のデメリット

 

内装やエアコン、冷蔵庫など、まだまだ使えそうなものがあって

お得感がありますが、居抜き物件に残されている設備などは

基本的には「性能保証無し」です。

あと数年は使えそうなエアコンだと思っていても

使い始めて数日で壊れてしまうこともあります。

 

修理して使えるようになればよいのですが

修理もできない状態だと、自腹で数十万円の

エアコン代の追加投資が必要となる場合も

ありますので注意が必要です。

初めての飲食店開業にはやはり「居抜き物件」をおすすめします

 

飲食店を始めるには、少なからず

初期投資が必要です。

 

その初期投資が小さくて済むのが、

居抜き物件の最大の魅力です。

 

営業を開始して、必ずしも毎日お客さんが

多く来店されるという保証もありません。

 

飲食店オーナーとして経験値を積めるまでは

やはり開業にかかる投資は小さくおさえて

開業後の運転資金を確保しておくべきだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

 

メールでのお問い合わせはこちらから

スタッフブログカテゴリの最新記事