心斎橋や長堀橋エリアで【居抜き物件】を借りて開業する際の注意点を解説

心斎橋や長堀橋エリアで【居抜き物件】を借りて開業する際の注意点を解説

みなさんこんにちは

 

弊社にお問い合わせいただくお客様の大半は

居抜き物件」を探されておられます。

 

居抜き店舗の魅力は何と言っても

初期費用の安さでしょう。

 

スケルトン物件で飲食店開業を

考えた場合、一般的に1坪あたり

30~50万円の工事費用がかかる

と言われます。

 

居抜き物件だと内装状態が良ければ、

物件取得費用にクロス交換程度で

営業可能なものもあり、出店の総費用を

かなり抑えることが可能です。

 

そんな居抜き物件ですが、

気をつけるべきポイントが

いくつかあります。

 

今回は、いいことづくめに見える

居抜き物件の注意点について

説明したいと思います。

設備面のチェックを忘れずに

居抜き物件で盲点になりがちなのが、

設備が使えるかどうかのチェックです。

以下の3つのポイントは必ず確認しましょう。

①動作確認をしましょう

 

「先月まで営業していたお店だから」

「見た目キレイそうだし」

色々な希望的観測で動くだろうと

思ってしまう方、要注意です。

 

居抜き物件の設備は、基本的に

家主さんは性能保証をしてくれません。

 

ですから、契約前に本当に使えるかの

チェックを怠らないようにしましょう。

②製造年月を確認しましょう

 

動作確認で動いたからといって

安心しきってはいけません。

 

何故なら契約後にすぐ動かなくなる

可能性もあるからです。

 

それを見極める指標として、

その設備の製造年月を見るのが

いいでしょう。

例えばエアコンで製造から10年近く

たっていれば、交換をお勧めします。

契約内容を確認しましょう

居抜き物件で気を付けるポイントとして

契約内容があります。

①契約時の引渡し状態について

内覧時に物件内にあった物が、

実は前の契約者の私物だったため、

撤去されてしまっていた。

 

このような事は十分起こりえることです。

契約前に何が残って何が撤去されるのか

十分に確認してから物件契約するかを

判断しましょう。

②退去時の明渡し状態について

 

居抜き状態で契約したから

自分が退去する時も居抜きで

出られると思い込んでいる方、

要注意です。

 

契約内容によっては、

原状回復(スケルトン化)が

明記されている場合があります。

 

これを見落として契約してしまうと

退去時に思わぬ工事費用が発生して

しまいます。

 

居抜きではなくリースという選択もあります

 

ここまで、居抜き物件の注意点を

説明してきましたが、

想定外の設備不良などで、

修理費用が発生するのが不安という方へは、

貸主側でお店の内装や設備を仕上げてもらえる

リース物件がおすすめです。

 

リース物件の場合、居抜き物件に比べ

家賃は割高になる傾向がありますが、

その分、設備の性能保証をしてもらえます。

居抜き物件の落とし穴 まとめ

 

居抜き物件を契約する時は、

大きく分けて設備契約内容

2点に気をつけましょう

 

設備

①動作確認をしましょう。

②製造年月を確認しましょう。

 

契約内容

①物件の引渡し状態を確認しましょう。

②退去時の物件明渡し状態を確認しましょう。

 

お店の出店費用を抑える上で、

活用できる居抜き物件ですが、

確認を怠ると後で思わぬ出費が

発生することがあります。

 

くれぐれも事前確認を忘れないように

しましょう。

 

ミナミ心斎橋エリアで初めてバーを開業される方は

ぜひサンアクトへご相談ください(^^)v

 

LINEからのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサンアクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事