ミナミ心斎橋で店舗売却の査定の際に注意する3つの事!

ミナミ心斎橋で店舗売却の査定の際に注意する3つの事!

みなさんこんにちは^^!

店舗の売却、造作譲渡を行う際、

既存の設備状態が売買金額の査定に大きく影響します。

 

買取募集を始める前に、注意する3つのポイント

 

①店舗内の各種設備について一通り点検する

 

エアコンが故障していたり、電気が切れていたりすると、

譲渡額の価格交渉の際にとても不利になります。

 

そういったことがないように事前に点検し、

整備していた方が後々のトラブル回避にもなります。

 

仮にエアコンなどが故障している場合は、

必ず譲渡仲介人に申告するようにしてください。

 

エアコンや電気設備などは、

一部貸主が所有しているものがあります。

当然そういったものは譲渡の対象物にはなりません。

どちらが所有しているものか曖昧なものについては、

テナント側の方で確認しておくようにしましょう。

 

②店舗は清潔に保つ

 

店舗の募集が決定した時点から物件は商品となりますので、

店舗内の清掃には配慮しましょう。

 

買い手は必ず物件の中身を細かく見学をします。

各種厨房設備、エアコンまわり、トイレなど、

特に汚れが目立ちそうな部分は念入りに

清掃しておくことをお勧めいたします。

壁、床、窓ガラスなども一度きれいに拭いておいた方がよいでしょう。

 

また、倉庫などに放置しているゴミがないかもチェックしましょう。

希望者にはできるだけ早く現地を見学していただくことがポイントです。

見学希望にいつでも対応できるよう努めてください。

内見に立ち会う際には、できるだけ良い印象を与えられるよう配慮しましょう。

 

③リース対象物とリース残高を把握しておく

 

店舗の譲渡・売却をする際に気をつけないといけないのがリースです。

リースの対象物をすべて洗い出し、

それらのリース残高とリースの満了期間について整理してください。

店舗内で使用するリース物については、

リース料金の残額を全額支払って買い取ることができますが、

リース会社やリース物によってはできない場合があります。

 

リース契約を新しい買主に継承するという方法もありますが、

その場合、店舗の売却側の方が

連帯保証人にならないといけない場合があります。

 

交渉が始まってから、リース物があることが判明すると、

その後の交渉が不利に進む場合があります。

リース物がある場合は譲渡仲介人に事前に伝えるようにしておきましょう。

 

ミナミ心斎橋での店舗売却について、

もっと詳しく知りたい方は、

弊社スタッフまでお気軽にお問合せくださいませ。

スタッフ紹介

スタッフブログカテゴリの最新記事