大阪ミナミでバーを開店する際、客単価の設定方法とは?

大阪ミナミでバーを開店する際、客単価の設定方法とは?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
夜も賑わう大阪ミナミでバーを開店したいという夢を、
お持ちの方もいらっしゃるかと思います。
 

 
いざバーを開業・経営するとなると、
お酒に関する知識が豊富な事は大前提として要求されるでしょう。
バー経営となると、お金関係の能力も要求されます。
バーのマスターとしてどれだけ魅力があっても、
店が赤字続きではいけません。
雇われではなくバーを経営するのなら、
仕入れや人件費から売上げの事まで考えて、
常に収益を出す必要があります。
新しくバーを開店させるなら、開業資金もかかります。
 
飲食店経営の全般でよく言われる話に、
3日の売上げで家賃を稼げるくらいが良いというものがあります。
たとえば、家賃15万円のテナントに店を構えるなら、
3日で15万円ですから1日5万円をバーの売上げ目標にするのです。
 
バーの客単価は2000円とも3000円とも言われていますが、
どちらでも5万円の売上げ目標を達成するには、
結構な客を入れなければなりません。
何かがあって爆発的に売上げが伸びる、
という現象をバーで期待するのは難しいですから、
毎日コンスタンスに客を呼べる魅力がバーには必要です。
どういった経営方針でバーを運営していくか、
これが不透明なままだと売上げも安定しにくいでしょう。
 
バーを経営するにあたり、必要な資格が幾つかあります。
まずは飲食店営業という許可ですが、
これはバーの業態を考えると不足感が否めません。
また深夜0時以降も営業できるように、
深夜酒類飲食店営業の取得が求められます。
 

 
大阪ミナミでバーの開店をお考えでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談下さいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事