ミナミ心斎橋エリアで効果的に飲食店の居抜き物件を探す時の3つのポイントを解説

ミナミ心斎橋エリアで効果的に飲食店の居抜き物件を探す時の3つのポイントを解説

■  居抜き物件を探す際の3つのポイント

■ ライバルよりも早く居抜き物件を契約するために必要な2つのこと

ミナミや心斎橋エリアで居抜き物件を活用して

飲食店の開業をお考えの方もいらっしゃると

思います。

 

今回は居抜き物件を探す際の効果的な探し方と

3つのポイントについてお話したいと思います。

飲食店舗の居抜き物件を探す際の3つのポイント

 

① ネットでポータルサイトや不動産会社をチェックする

 

まずはスマホやパソコンで店舗系の

ポータルサイトや不動産会社が更新

している物件情報を毎日チェックする

ことをおすすめします。

② 店舗に詳しい不動産会社に問い合わせをする

 

開業したい地域でテナントの情報をたくさん更新している

不動産会社があれば、直接訪問してどのような業種で

開業したいか、開業の時期などをなるべく具体的に

お伝えすると担当者も物件の情報をたくさん出して

くれるようになります。

【参考記事】

心斎橋の飲食店舗専門不動産営業マンが思う仕事ができる【良い不動産営業マン】について解説

③ 飲食店を経営している仲間から情報を聞く

 

私たち不動産屋よりも実際にそのエリアで

飲食店を経営されているオーナーの方が

退店情報を知っていたりします。

ライバルよりも早く居抜き物件を契約するために必要な2つのこと

 

不動産会社の担当もあなただけに物件情報を

送るわけではありません。

その中で気に入ったテナントが見つかれば

当然、契約したい!と思いますよね。

 

ライバルよりも早く契約するために必要なこと

について解説します。

① 物件取得の決済金を現金で準備していること

 

例えば

国金などの融資を受けて開業しようとお考えの方と

現金で即決済できる方がいたとしましょう。

ちなみに融資は当然、否決となりこともありますし

時間も1か月ほどかかります。

あなたが家主ならどちらを選びますか?

② 実績や年齢・保証人の内容

 

1.飲食店経験ゼロ、年齢20代前半

保証人は同世代の友人という方と

 

2.飲食店経験5年以上、年齢30代

保証人は親という場合では当然2の

方が選ばれる確率は高くなります。

【参考記事】

25歳以下で【バーを開業】親に連帯保証人を頼めない人は1年以内に93%失敗する

ミナミで居抜き物件を探す時のポイントまとめ

 

いかがでしょうか?

 

BARで開業したいならBARの居抜き物件を

探していると、不動産会社の担当者に伝えておくと

物件提案がスムーズに行われます。

 

物件の提案を受けたらとにかく早く内覧して

結論を出すことをおすすめします。

 

その際には資金繰りもしっかりと頭の中に

入れておくことが大切です。

 

サンアクトはミナミエリアに特化して10年

これまでに500件以上の飲食店開業の

サポートをしてきました。

 

ぜひあなたの開業のお手伝いをさせて下さい。

【参考記事】

サンアクトがこれまでにいただいた【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

ご質問や気になることがあれば

お気軽にお問い合わせください。

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

メールからのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

スタッフブログカテゴリの最新記事