ミナミ心斎橋で人気の居抜き物件と貸店舗の違いとは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!

最近お店を開業するにあたって、人気を博しているのが居抜き物件です。
貸店舗物件は内装の状態によっても分けられます。

今回は、貸店舗の引渡し状態の種類についてお伝えしたいと思います。

貸店舗の引渡し状態の種類

スケルトン物件

内装がほとんどなく、店舗内を自由にデザイン・レイアウトすることができる状態の物件は、
スケルトン物件と呼ばれます。

スケルトンとは「骨組み」を意味し、
貸店舗物件においては内装と設備を施す前の状態のことをこのように呼びます。

スケルトン物件は店舗の内装や設備が施していない状態にあるため、
店内を自由にデザインすることが出来るといったメリットがあります。

ですがその一方、内装工事などに多額の費用と時間もかかりますので、
オープンするまでに時間がかかるというデメリットもあります。

 

居抜き物件

居抜き物件とは、前の借主の内装などが残っている物件のことです。

居抜き物件のテナントを借りる場合、内装などは前の借主から買い取る形になるケースもまれにあります。
一からデザインを考えて内装工事を行なう場合に比べ、
費用を抑えられるというメリットがあるからです。

しかし、レイアウトの変更に制限があるといったデメリットがある場合もあります。
居抜き物件を探す際には、内装の状態をきちんと確認することが大切です。

貸店舗を居抜き物件で借りるメリットまとめ

居抜き物件は、スケルトン物件に比べ内装費用を抑えられる。

物件によっては、内装をさわらず即営業可能な状態の居抜き物件もありオープンまでの時間短縮ができる。

以上が2点が大きなメリットと言えるでしょう。

コンディションのよい居抜き物件をお探しの場合はぜひご相談下さい!

 

 

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しなら

サン・アクトにおまかせ下さい☆

https://3act-osaka.jp/property/

スタッフブログカテゴリの最新記事