ミナミ心斎橋エリアで人気の飲食店舗の居抜き物件とスケルトン物件の違いとは?

ミナミ心斎橋エリアで人気の飲食店舗の居抜き物件とスケルトン物件の違いとは?

みなさんこんにちは!

 

飲食店を開業するにあたって、

人気を博しているのが居抜き物件です。

 

貸店舗物件の引き渡し状態は、大きく分けて

2つあります。

 

今回は、飲食店貸店舗の引渡し状態の

この2つの種類【居抜き物件とスケルトン物件】に

ついてお伝えしたいと思います。

 

飲食店舗の引渡し状態の2つの種類

 

①居抜き物件

 

 

居抜き物件とは、前の借主の内装などが

残っている物件のことです。

 

物件によっては、食器やお酒を運び込めば

即営業可能な状態の物もあります。

②スケルトン物件

 

 

内装がなく、建物の骨組みのみの状態の

物件の事をいいます。

 

貸店舗物件においては内装と設備を

施す前の状態のことをこのように呼びます。

居抜き物件のメリットとデメリット

 

居抜き物件のメリット

 

いちからデザインを考えて

内装工事を行なう場合に比べ、

内装費用と開業までの時間を

大幅に短縮できます。

【参考記事】

いつか心斎橋でバーを開業したい方へ【居抜き物件の内装工事費用】っていくらするの? 

 

居抜き物件のデメリット

 

出来上がっている店内を見て判断する為

レイアウトの変更に制限がある事が

入居後に発生するといったデメリットが

ある場合もあります。

 

居抜き物件を探す際には、内装の状態等を

きちんと確認することが大切です。

スケルトン物のメリットとデメリット

 

スケルトン物件のメリット

 

スケルトン物件は店舗の内装や

設備が施していない状態にあるため、

店内を自由にデザインすることができます。

 

出店したい店舗を理想的な店内にして

開業する事ができます。

スケルトン物件のデメリット

 

内装工事などに多額の費用と時間も

かかります。

 

デザイナーや設計士を入れ内装工事をした場合

1坪あたり、80~100万円が必要と言われ

大工さんに平面図のみで施工を依頼しても

1坪あたり、30~60万円程が内装費用として

必要になります。

【参考記事】

【バー経営】スケルトン物件を借りた場合の内装費用はいくらかかるのか?

また、施工期間がかかるので、

当然オープンまでに時間がかかるという

デメリットが発生します。

居抜き物件とスケルトン物件の違いとは?まとめ

 

店舗物件の引き渡し状態により

お店を借りてから、開業までの

費用と準備期間に大きな差がでます。

 

店舗物件を探す際にご自身が何に

重点を置いて探したいのか…。

 

・いつまでに開業したい

・初期費用を節約したい

などを明確にし

 

居抜きORスケルトン

どちらがよいのかをプロにも

相談してみましょう!

 

ミナミ心斎橋でお悩みの際は

店舗専門不動産会社の弊社に

ぜひご相談下さい!

 

ミナミのレジャービルに特化して10年

出店サポート500件以上の実績がある

サンアクトが詳しくご説明します。

 

LINEからのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

物件をお探しの場合はこちらもご覧ください。

https://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事