心斎橋エリアに特化した不動産のプロが教える【店舗売却】を効果的に使い退去する3つのメリット

心斎橋エリアに特化した不動産のプロが教える【店舗売却】を効果的に使い退去する3つのメリット

みなさんこんにちは

 

飲食店経営者なら飲食店舗の

退去をする際、できれば退去に

かかる費用を抑えたいですよね?

 

そんな時におすすめなのが、

店舗売却(造作売買)です。

 

本日は退去をする際に

店舗売却という方法をとることで

得られるメリットについて

お伝えしたいと思います。

 

店舗売却とは造作物の売買のこと

店舗売却と聞くと、本当にお店の売り買いを

してしまうような印象を持たれるかもしれませんが、

実際には、現在営業しているお店の

設備(冷蔵庫や製氷機・コンロなどの

厨房機器、エアコンなど)

を次の入居者(物件契約者)に

買ってもらうことをいいます。

店舗売却の3つのメリット

 

それでは店舗売却をすることで得られる

3つのメリットについて

お伝えしていきたいと思います。

 

①原状回復費用が免除される

 

これは、退去に伴い原状回復

(スケルトン化)が求められる

物件の場合に、次の入居者が

原状回復義務を引き継ぐことに

なりますので、スケルトン工事代が

まるまる免除されます。

 

②退去を早め残りの家賃支払いを免除

 

店舗物件の場合、一般的に解約予告は

3ヶ月前という物件が多いです。

(中には半年前という物件もあります)

 

しかし店舗売却をすることで、

次の入居者と交代した場合は、

残りの家賃支払いが免除されます。

 

③通常の退去と違い利益が出る

通常の退去の場合、特に得られる利益は

ありません。

 

むしろ退去に伴い撤去物が発生したり

何かと出費があるものですが、

店舗売却をした場合は、

その分、利益が得られます。

店舗売却をする際の注意点

 

それでは、店舗売却をする際の

注意点についてもお伝えしていきます。

 

①大前提として貸主の許可が必要です

 

次の物件契約者に店舗を売却して

退去するには、大前提として

貸主の許可が必要です。

 

次の物件契約者候補には、貸主の入居審査に通る

見込みのある方を選定しなければ、せっかく高値で

買い取ってもらえるとなっても、物件契約自体が

成立せず、店舗売却が成り立たなくなって

しまいますのでご留意ください。

 

②情報をオープンにしすぎると関係者にバレるおそれがある

 

店舗売却をお考えの際、もっとも気をつけないと

いけないのが、情報の取り扱いです。

 

移転の場合は、特に問題ないかと思いますが、

閉店する場合は、働いてくれているスタッフや

常連さんなどへは、しかるべきタイミングで

伝えないと不信感を与えてしまう可能性が

ありますので、なるべく極秘裏にすすめて

もらえるようにお願いしておくことが大切です。

 

店舗売却のメリット まとめ

 

店舗売却の3つのメリット】

 

①原状回復費用が免除される

②退去日を早め家賃支払いを抑えられる

③通常退去と違い利益を得られる

 

【店舗売却の注意点】

 

①貸主の許可を取ったうえで行う

②情報の取り扱いに気を付ける

 

店舗売却をするならサン・アクトへ

 

店舗売却をお考えなら心斎橋エリアに特化して

10年以上の実績があるサンアクトへ

ぜひお越しください。

 

LINE質問 ライン サンアクト質問箱

メールからのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

サンアクト【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

 

居抜き店舗の売却についてこちらの記事もおすすめです!

ミナミ心斎橋で飲食店の店舗売却時の注意点をお伝えします

大阪心斎橋エリアで飲食店を店舗売却する際に注意するべきポイント

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事