大阪心斎橋エリアで飲食店を店舗売却する際に注意するべきポイント

大阪心斎橋エリアで飲食店を店舗売却する際に注意するべきポイント

みなさんこんにちは

 

様々な事情から飲食店舗の閉店をお考えの方も

いらっしゃると思いますが、少しでも資金を

残したい!そんな思いから店舗売却を

お考えになる方も多いと思います。

 

今回は、そんな方の為に店舗売却時の

注意点をお伝えしたいと思います。

 

 

店舗売却時の注意点

 

まずは飲食店舗を売却する際の

注意点から説明します。

 

貸主の承諾が必要

 

大家さんから借りてるのに

店舗を売ることってできるの?

 

と疑問を持たれる方も

いらっしゃるかと思います。

 

当然、店舗(不動産)を借りて

営業しているため店舗(不動産)

を売ることはできませんが

店舗内に造られた造作、厨房機器などは

貸主の承諾を得ることで売却することが出来ます。

 

売却価格の設定方法

 

店舗の売買価額は譲渡対象となる

内装設備などの資産時価や営業利益や

キャッシュフローを基に算出します。

 

通常、提出頂いた決算書などの

資料を基に、金利や物価などの

経済環境、店舗の立地、業態の特質

収益性、将来性、売却のタイミング等

さまざまな要因を考慮して売買価格の

算出を行います。

 

 

店舗売却の適切なタイミング

 

結論:1月か9月がおすすめ

 

理由としては1月でしたら春までに開業したい

9月でしたら12月の繁忙期までに開業したい

そういったニーズが一番高いからです。

 

造作代金は誰が決めるのか?

 

営業年数や設備の耐久年数にもよりますが

売却希望価格は現在借りて営業をされている

オーナー様が設定します。

 

しかしながら購入希望者様と価格の折り合いが

つかない場合も多く見受けられます。

 

もっと待てば希望価格で買い取り

してくれる人が現れるのでは?

など思ってしまいがちですが

物件情報は旬があります。

 

早い決断が大切

 

飲食店舗の造作売買は1日でも

早く決断された方がよいです。

 

あくまでも経験上の話となりますが

時間がたつほど市場価値は低下しますので、

最初から募集期間を設定し、値崩れする前に

売却の決断をされるのをおすすめします。

 

飲食店を店舗売却する際に注意するべきポイントのまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

売りたい側は1円でも高く

買いたい側は1円でも安く

お気持ちはすごくよく分かります。

どちらにも言えることですが売り手と買い手が

いて、はじめて交渉は纏まります。

 

サンアクトはこのような依頼を過去に何十件と

やってきましたので、どちらの側に立っても

お役に立てる自信があります。

 

ミナミ心斎橋エリアで店舗の閉店をお考えでしたら、
解約する前にサンアクトまでお気軽にご相談ください。

 

移転・閉店のサポート

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

スタッフブログカテゴリの最新記事