店舗経営に必要な居抜き物件選びの3つのポイント

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
新たに店舗経営をお考えの場合、
居抜き物件を選ばれる方が増えています。
 

 
今回は、居抜き物件選びのポイントを3つご紹介したいと思います。
 
①内装・外装
 
居抜き物件を内覧する際には、
「どこを変えて、どこを活かすのか」
を考えながら内覧するようにしましょう。
居抜き物件のメリットである「低コスト・短工期」を最大限に活かすのであれば、
厨房の区画はそのまま使うことを基本で考えるべきです。
 
②契約内容
 
内装や設備、業務用機器などはリースを利用するオーナーも多くいるため、
必ずリース契約の有無を確認するようにしましょう。
リース会社が契約している設備や機器を持ち帰ってしまったり、
前オーナーの気が変わって持ち出されてしまったりと、
譲渡してもらえると思っていたモノが引き渡し時にはなくなっていたというトラブルが起きがちです。
 
③インフラ整備
 
お店づくりというと外装や内装を一番に考えてしまいがちですが、
実は最もお金がかかるのがインフラ設備です。
必要なインフラ設備が整っているかどうかどうかで、
工事費が大きく変わるのでここは重点的に見るようにしましょう。
とくに前テナントから業態が変わるときは注意が必要です。
使う火力や電力、給排気量が大きく変わると、
設備の新設や容量アップの工事が必要になります。
 

 
居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事