心斎橋や長堀橋で居抜き店舗売却の際の3つのポイント

心斎橋や長堀橋で居抜き店舗売却の際の3つのポイント

みなさんこんにちは!

 

今回は心斎橋や長堀橋で飲食店をされている方が、

何かしらの理由から店舗売却をお考えの際に、

気をつけて頂きたいポイントを、

3つお伝えしたいと思います。

 

居抜き物件店舗売却3つのポイント

 

①貸主や管理会社へ造作譲渡契約をおこなうための協力してもらう

 

飲食店舗の譲渡や売却というのは、

あくまでも物件に付帯する内部造作や、

什器備品について行われるものであります。

 

その飲食店舗でそれらをそのまま使用するためには、

買主は貸主と新たに賃貸借契約を結ばないといけません。

 

買主が貸主の審査に通らない限りは、

いくら双方で譲渡の話し合いをしようとも、

最終的に譲渡は成立しないことになります。

 

そのことをよく理解し、できるかぎりご縁があった買主が、

その後賃貸借契約をスムーズに締結できるように協力していくことが、

売主側にとってとても重要なポイントとなります。

 

②店舗のスケルトン費用を把握しておく

 

仮に譲渡が成立しなかった場合に、

どれぐらいの費用がかかるかを

把握しておくことも重要です。

 

最悪の場合を想定してそのための

対策を考えておくことも大切な心がけです。

 

 

スケルトン費用には、解体工事費、

廃棄物処理費、廃棄物運搬費、

看板撤去費などもろもろの費用が

かかってきます。

 

本来なら当たり前にかかってくる

撤退費用をかけずに、お店を閉店できることが

店舗譲渡の最大の利点になります。

 

 

③造作譲渡の調整などは柔軟な姿勢で行う

 

店舗の譲渡で一番気になるのが、譲渡代金が

どれぐらいになるのかというところです。

 

売り手はできるだけ高く売りたい

ものですが、反対に買い手はできるだけ

安く買いたいと思っています。

 

お互いに譲れる範囲の妥協額がいわゆる

譲渡成立の価格となります。

 

 

こういった金額の交渉というのは、

強気な姿勢の一点張りでいると

なかなかうまく纏まりません。

 

纏まらなかった場合に不利になるのは売主側です。

 

そういった自らのリスクも考えつつ、

気持ち良く譲渡の交渉を重ねて

いきたいものですが、最終的には双方の

歩み寄りがとても大切になってきます。

 

仲介人とうまく協調しつつ、

柔軟な姿勢で交渉していくことが円滑な

取引をおこなう秘訣といえるでしょう。

 

 

居抜き物件については、こちらもご参考になさってください↓

ミナミ心斎橋で初めてバーやスナックを開業するなら断然【居抜き物件】がおすすめ

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事