居抜き物件を活用する際の、無償譲渡とは?

居抜き物件を活用する際の、無償譲渡とは?

みなさん、こんにちは

 

サン・アクトは

この心斎橋エリアに特化して10年、

おかげさまで毎年500件以上の

お問い合わせをいただいておりますが、

その中で大半を占めるのが

居抜き物件についてです。

 

今回は、居抜き物件における

造作物の無償譲渡について

書かせていただきます。

 

 

無償譲渡とは

 

その字の通り

前の借主が購入した設備や造作物を

無料で譲り受けることをいいます。

 

居抜き物件でよく言われる

残置物というものも

元をたどれば、以前の借主が

置いていったものという観点から

ほぼ同義と言えるでしょう。

 

 

 

この逆が、

造作譲渡売買と言われるもので、

閉店や移転される際に、

自身で購入した冷蔵庫や製氷機などの

設備を次の借主に売り、

投資した資金を回収する方法をさします。

 

心斎橋エリアだと

特に飲食店の居抜き物件で、

造作譲渡売買をされることが多いです。

 

 

譲渡してもらう際の注意点

 

無償・有償にかかわらず、

設備や造作物を譲渡してもらう際は、

実際に使えるかの確認を必ずしましょう。

 

いざもらったものの

故障していたとなると

後々トラブルになることは明白です。

また、撤去費用もかかるため

「無償でももらわない方が良かった。」

なんてことにもなりかねませんので、

くれぐれもご注意下さい。

 

 

無償譲渡についてまとめ

 

≪無償譲渡

前の借主が購入した設備や造作物を無料でもらうこと

 

≪注意点

所有権が移る前に、

必ず動作確認をしましょう。

また、使用年数などを確認することも、

無償譲渡を受けるかどうかの判断材料に役立ちます。

 

 

譲渡する側とされる側

お互いが気持ちよく取引成立

させるためにも、

以上の注意点に気をつけましょう。

 

 

サン・アクトでは、

移転・閉店の際の

造作譲渡売買なども

取り扱っております。

 

投資した資金を

少しでも回収したいと

思われる方は、

ぜひお問い合わせください👇

 

移転・閉店のサポート

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

 

スタッフブログカテゴリの最新記事