スケルトン物件を活用する際のメリット、デメリットとは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
スケルトンとは「骨格」という意味で、
内装設備などが全くない状態の物件を指します。
何もない状態から始める分、
費用はかかりますが、
思い描くイメージ通りのデザインをカタチにできます。
 

 
逆に、居抜き物件というのは、
以前の内装や設備がほぼそのまま残されているため、
コストが抑えられる反面、自由度は下がります。
 
どちらを選ぶか、開業資金や業態、
店のコンセプトなど様々な面から検討した上で決めてください。
 
自分で店舗のすべてをアレンジできるスケルトンは、
レイアウトや内装や設備などをゼロベースから考えて、
こだわりと愛着をもって自分らしさを出しながら、
開業したい場合におすすめです。
 
また、新品の設備を入れる場合は当面、
故障の心配がありません。
 
スケルトンと言っても、
比較的新しいビルなどでは、
ある程度のインフラが整っていたり、
ダクトなども設置されていたりする物件もありますので、
不動産業者に相談してみましょう。
 
一方でスケルトン物件のデメリットも、
知っておく必要があります。
 
何もかもがゼロからなので、
電気・ガス・水道・空調・排気設備などを、
すべて自前で用意しなければなりません。
 
もちろん、工事費用も別途かかるので、
かなりの出費と工事期間を考えておく必要があり、
着工からオープンまで時間がかかることを覚悟しておいてください。
 

 
大阪で開業をお考えでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事