心斎橋エリアではレジャービル空中階店舗の需要が増えている!

心斎橋エリアではレジャービル空中階店舗の需要が増えている!

みなさんこんにちは!

今回は心斎橋エリアの空中階店舗つまり
レジャービルの2階以上にあるお店の
メリットとデメリットについて書きたいと思います。

空中階店舗が求められる理由

 

 

 

路面店に比べて行きづらいところがあるので
どうしても集客力が
きびしいのではないか・・・と
思う方も多いのかもしれません。
しかし、ここ最近ミナミ心斎橋エリアで
空中階店舗の需要が増えているんです!
なぜでしょうか??

空中階のメリット

 

貸店舗の初期費用を安く抑えられる

 

 

一番の理由はなんといっても
家賃や敷金が基本的に安いこと!
バーやスナックを開業するにあたり
やはり高い家賃や敷金は経営の頭痛の種。
初期費用も抑制でき、さらにその後の固定費を
抑制できれば経営は柔軟に行えるようになりますので
このメリットはなにより大きいのです!

空中階のデメリット

 

新規来店が見込めない

 

1F路面店と比べて、今日はあのビルの

4階奥の店に行こう!

とはなかなかならないですよね?

 

なので1F路面店と比較すると
集客面で劣ってしまうところが
デメリットとしてはあります!
しかし、看板やメニューを
しっかりと道路などに出し、
外から何をやっているお店なのか
わかるやすくできれば通りがかりの集客も
十分見込めると思います。
さらに、HPやSNSなどを活用し、すぐに
お店の情報がお客様に伝わるようにしておけば、
路面店と対等以上の勝負ができます!
SONY DSC

レジャービルのメリットデメリットまとめ

 

実際に多くのお客さんを集めている
お店の挙げたらキリがありません。
どんな立地でも工夫が重要なのですね。

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しなら

サン・アクトにおまかせ下さい☆

 

心斎橋で飲食店開業の際の【1階路面】【空中階2F~】の比較

1階路面店と空中階の違いについてもっと知りたい方は
こちらの記事も役立ちます。

スタッフブログカテゴリの最新記事