心斎橋エリアの【レジャービル空中階店舗】の需要が増えている理由について解説

心斎橋エリアの【レジャービル空中階店舗】の需要が増えている理由について解説

みなさんこんにちは

 

ミナミ心斎橋エリアでバーやスナックを

開業される方はレジャービルの空中階テナントを

選ばれます。

 

理由はテナント賃料が路面店に比べると

半分以下で借りられるからです。

【参考記事】

心斎橋で飲食店開業【1階路面テナント】VS【空中階2F~テナント】違いを徹底比較

 

今回は心斎橋エリアの空中階店舗つまり
レジャービルの2階以上にあるお店が
選ばれる理由やメリットとデメリットに
ついて詳しく説明します。

ミナミで空中階店舗が求められる理由

 

 

路面店に比べてお店に入りにくいところが
あるのでどうしても集客力が
きびしいのではないか・・と
思う方も多いのかもしれません。
しかし、考えようによっては空中階には
大きなメリットがあります。

レジャービル空中階のメリット

 

テナントの初期費用を安く抑えられる

 

一番の理由はなんといっても

テナント取得費用が安いことです。
バーやスナックを開業するにあたり
保証金や礼金など初期費用は頭痛の種。
初期費用も抑制でき、さらにその後の固定費を
抑制できれば経営は柔軟に行えるようになりますので
このメリットはなにより大きいのです。
【参考記事】

なんぼかかるん?心斎橋でスナックを開業する際に物件契約時必要な金額を【徹底解説】

テナントの賃料も安く抑えられる

 

初期費用もですが、毎月の家賃もなるべく安く

したいですよね。

ミナミ心斎橋エリアだと路面店と空中階の賃料は

倍以上、場所によっては3倍以上変わります。

 

レジャービル空中階のデメリット

 

新規来店が見込めない

 

視認性のある1F路面店と比べて

「今日はあのビルの4階奥の店に行こう!」

とはなかなかならないですよね?

 

なので1F路面店と比較すると
集客面で劣ってしまうところが
デメリットとしてはあります。
【参考記事】

心斎橋で【BAR開業】空中階のテナントを利用する際の集客方法

しかし、看板やメニューを
しっかりと道路などに出し、
外から何をやっているお店なのか
わかるやすくできれば通りがかりの集客も
十分見込めると思います。

レジャービルの空中店舗はSNSを活用しよう

さらに、HPやSNSなどを活用し、すぐに
お店の情報がお客様に伝わるようにしておけば、
路面店と対等以上の勝負ができます。
SONY DSC

レジャービル空中階店舗の需要が増えている理由まとめ

 

実際に多くのお客さんを集めている
お店の挙げたらキリがありません。
どんな立地でも工夫が重要なのですね。
サンアクトはこのエリアに特化して10年
これまでにバーやスナックの開業サポートを
500件以上おこなってきました。
きっとあなたの初出店のお役に立てると思います。
気になる事やわからないことがあれば
お気軽にお問い合わせください(^^)v

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください。

 

サンアクト【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

スタッフブログカテゴリの最新記事