心斎橋で飲食店開業の際の【1階路面】【空中階2F~】の比較

心斎橋で飲食店開業の際の【1階路面】【空中階2F~】の比較

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く

応援する不動産営業マンの福地です。

 

心斎橋や長堀橋で初めての飲食店出店。

 

これまで多くの方々から、飲食店新規出店の

イメージやご希望をお伺いしてきました。

 

新規出店で重要視される部分は皆さん様々ですが、

出店の「立地」は、多くの方が気にされるところです。

 

なかでも、最初のお店を「1階路面店」にするのか、

「1階以外」にするのか、この部分で悩まれる方は

とても多いように感じます。

 

 

 

そこで、今回は「1階路面店舗」と

「空中階店舗(2階~)」の違いについて、

ミナミ心斎橋での新規出店をお考えの方に、

少しでもご参考となるよう、まとめてみたいと思います。

 

お店の存在(見た目・お店の視認性)

 

気づいてもらいやすい「1階路面店舗」

 

人が行きかう道路に面した、いわゆる

「路面店舗」は、やはり多くの人の目に

つきやすいですね。

 

 

特にミナミのような繁華街は、何かの

理由で飲食店を利用するために、

そのエリアに来ている人が大半ですので、

人の目に触れやすい「路面店舗」は、

集客において「有利」だと言えます。

 

気付かれにくい「空中階店舗」

 

「1階路面店」と比べると「空中階店舗」は、

わかりにくい、気づいてもらいにくい場所と言えます。

 

少なからず「看板」は掲出できますが、

「1階路面店舗」ほどの存在感は得られない

ケースがほとんどです。

 

 

 

階別・賃貸店舗の家賃の違い

 

最も高い家賃設定の1階貸店舗

 

やはり、他の階の店舗と比べると、

格段に人目につきやすい「1階路面店舗」

の区画は、同じ建物内で最も家賃の設定は

高くなっています。

 

他の階と比べるとおよそ「倍以上」です。

 

 

心斎橋エリアの「1階路面店舗」

1坪あたりの賃料+共益費の平均は30,555円

(※1)です。

 

(※1)2019年1月~弊社調べ、心斎橋エリアの

「1階路面店舗」平均値。

但し、心斎橋筋商店街は除く。

 

空中階の家賃は、1階路面店舗の半分以下

 

心斎橋エリアの「空中階(2階から上の階)の店舗」

1坪あたりの賃料+共益費は14,191円(※2)です。

 

 

(※2)2019年1月~弊社調べ、心斎橋エリアの

「空中階(2階から上の階)の店舗」平均値。

但し、心斎橋筋商店街は除く。

 

集客=どんなお客様に来店してもらいたいのか

 

広く浅く戦略の1階路面店舗

 

客層を絞らずに多くのお客様に利用してほしい、

という方には「1階路面店舗」が向くでしょう。

 

 

 

そのお店を目的地とする方だけでなく、

通りすがりのお客様の来店も見込めるのがメリットですね。

 

狭く深く戦略の空中階店舗

 

たくさんの新規のお客様よりも、すでに知って

くれているお客様を中心に来店してほしい

という方には向くでしょう。

 

 

実際に空中階でお店をされている方に聞くと、

一見さんの入店はとても少ないそうです。

 

 

空中階のメリットは、ある程度「つながり」

のあるお客様の来店がほとんどですので、

そもそもお店を知ったうえで来店してくださる

(誰かの紹介での来店等)

だから、次回のご利用にもつなげやすい、

という点があるでしょう。

 

「1階」と「空中」選ぶポイント

 

「1階路面店舗」「空中階店舗」どちらにも、

メリットデメリットはあります。

 

どちらを選択するのか、そこで大切なポイントは

2つあると思います。

 

誰に喜んでもらいたいのか

 

自分が開業するお店の商品やサービスは

誰のためのものなのか。

 

 

不特定多数の人へ喜んでほしいなら、

「1階路面店舗」がよいと思います。

 

 

不特定多数のお客様はむしろ求めず、

まずは身近な人から喜んでもらい、

お店の成長と共に、喜ばせたい客層

(ターゲット)を広げていく、

という考えなら、最初は「空中階」

が望ましいでしょう。

 

 

どんな経営をしたいのか

 

やるからにはドドーンと多くの人に

お店を利用していただき、

ドッカーンと売り上げたい、

こんな経営を目指す方には

「1階路面店舗」が向くでしょう。

 

 

 

売上は大きな期待が持てますが、

出店のための初期投資は大きくなり、

開業後のランニングコストも

大きくなる傾向はあります。

 

<ハイリスクハイリターン>

の経営ですね。

 

対して「空中階店舗」は、初期投資もランニングコストも

おさえられるが、売上は小さい

<ローリスクローリターン>

の経営といえるでしょう。

 

 

賃貸店舗「1階」と「空中階」どっちがよいのかのまとめ

 

私なりの結論は、

「1階」「空中」どちらも正解です。

 

 

①自分はなんのためにお店を開くのか

 

②誰のためにお店を開くのか

 

③誰を喜ばせるお店なのか

 

人それぞれ、出店の動機は様々です。

 

「1階」がよいのか「空中」がよいのか

迷った時は、ぜひ、初心に戻って、

上記①②③を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

お店を始める(=投資をする)からには、

誰もが失敗は目指さないでしょう。

 

成功する(やって良かったと思う)ために、

客観的に、冷静に、「1階」と「空中」の

出店後のイメージを膨らませて、

考えていただければと思います。

 

 

お客様に喜んでもらえるお店づくりのヒントは、

こちらをご参考にされてはいかがでしょうか↓

飲食店を開業して人気店・繁盛店にするためには?

 

サンアクトでは物件探しから物件契約後のフォローまで、

経験のあるスタッフがサポートさせていただきます。

 

まずはどんな物件があるのか、

楽しく物件探しから始めましょう!!

↓↓↓

https://3act-osaka.jp/property/

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

長堀橋で居抜き物件をお探しの方へ物件の探し方を解説

お役立ち情報カテゴリの最新記事