心斎橋で居抜き物件を活用してバーを開業する際のメリットと注意点

心斎橋で居抜き物件を活用してバーを開業する際のメリットと注意点

みなさんこんにちは!

 

今回は、居抜き物件を使って飲食店を

開業する際のメリットと注意点について

お伝えしたいと思います。

 

居抜き物件って?

 

居抜き物件というのは、

前に何らかの店舗をしていた物件で、

以前のお店の内装をそのままで

借りられる物件のことをいいます。

 

 

 

 

【参考記事】居抜き物件とは??

初めての【バー開業】知っておきたい居抜き物件3つのメリット・デメリットを徹底解説

 

居抜き物件のメリット

 

①費用面を抑えられる

 

居ぬき物件のメリットは、

何と言っても、前入居者の店舗設備を

引き継いで使用できるところです。

まったくのゼロの状態からお店を

内装するのと比較して、店内の造作に

かかる費用を抑えられるということですね。

 

②開業までの期間短縮

 

費用だけでなく、飲食店の開業までの

内装期間も抑えることができます。

 

 

極端な話、前の店舗の形態によっては、

水道や電気、ガスの開栓をするだけで営業が

可能な場合もあるので、飲食店の開業までの

時間を短縮できるのです。

 

③旧店舗のお客を取り込めることがある

 

またもしかすると、同じ業種などの場合、

以前の飲食店に通われていたお客様の、

来店も見込めるかもしれません。

 

※ただし、お客様は「物件」ではなく

「人」「味」「雰囲気」に

ついている場合が多いので、期待しすぎ

ては禁物です。

 

こちらもご参考に↓

バーを開業して人気店・繁盛店にするためにやっている事とは?

 

居抜き物件の注意点

 

①前店舗の閉店理由は?

 

居抜き物件はメリットばかりかといえば、

決してそうではありません。

居抜き物件を借りる際に、

必ず考えなければならないのは

 

「どうして店を手放すことになったのか」

「その理由が何であるのか」

 

ということです。

前オーナーが物件を手放した理由が、

「家庭の事情により営業を続けられなくなった」

などの個人的なものであれば、特に問題はありません。

 

しかしそもそもの原因が飲食店に相応しく

なかったなど、新たに開業するには

不利なケースもあるので、注意が必要です。

 

②以前の店舗の評判は?

 

以前の店舗自体の評判が悪い場合、

より念入りに新規店舗であることを

PRする必要があります。

 

同じ過ちを繰り返さないためにも、

手放すことになった経緯は十分に

確認しましょう。

 

不動産業者へ聞くことはもちろんですが、

できることなら、居抜き物件の近所に

ある店などで

「そういえば、あそこの店って

なくなっちゃったんですね」などと、

話を振ってみるのが良さそうです。

 

雑談の中から、意外な情報が拾えるかも

しれませんよ。

 

 

まずは出店したいエリアを歩いてみて

エリアの雰囲気を掴むところからはじめましょう♪

 

 

ぜひ、居抜き物件のメリットを最大限活用して

出店をしてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

メールからのお問い合わせはこちらからとなります。

 

 

 

スタッフブログカテゴリの最新記事