心斎橋で居抜き物件を活用して飲食店を開業する際のメリットと注意点

心斎橋で居抜き物件を活用して飲食店を開業する際のメリットと注意点

みなさんこんにちは^^!

 

今回は、居抜き物件

を使って

飲食店を出す際の

メリットと注意点についてお伝えしたいと思います。

 

居抜き物件って?

 

居抜き物件というのは、

前にカフェなり飲食店なりをやっていたお店を、

内装そのままで借りられる物件のことをいいます。

 

 

居抜き物件のメリット

 

①費用面を抑えられる

居ぬき物件のメリットは、

何と言っても、空調やボイラーなどの、

店舗設備を引き継いで使用できるところです。

まったくのゼロの状態からオープンするのと比較して、

内装にかかる費用を抑えられるということですね。

 

②開業までの期間短縮

 

費用だけでなく、飲食店の開業までの期間も抑えることができます。

極端な話、前の店舗の形態によっては、

水道や電気、ガスの開栓をするだけで営業ができるので、

飲食店の開業までの時間を短縮できるのです。

 

③旧店舗のお客を取り込めることがある

 

またもしかすると、同じ業種などの場合、

以前の飲食店に通われていたお客様の、

来店も見込めるかもしれません。

 

※ただし、お客様は「物件」ではなく

「人」「味」「雰囲気」についている場合が多いので、

期待しすぎては禁物です。

 

居抜き物件の注意点

 

①前店舗の閉店理由は?

 

居抜き物件はメリットばかりかといえば、

決してそうではありません。

居抜き物件を借りる際に、

必ず考えなければならないのは、

「どうして店を手放すことになったのか」

「その理由が何であるのか」ということです。

前オーナーが物件を手放した理由が、

「家庭の事情により営業を続けられなくなった」

などの個人的なものであれば、特に問題はありません。

しかしそもそもの立地が飲食店に相応しくなかったなど、

新たに開業するには不利なケースもあるので、注意が必要です。

 

②以前の店舗の評判は?

 

以前の店舗自体の評判が悪い場合、

より念入りに新規店舗であることをPRする必要があります。

 

同じ過ちを繰り返さないためにも、

手放すことになった経緯は十分に確認しましょう。

不動産業者へ聞くことはもちろんですが、

できることなら、居抜き物件の近所にある店などで、

「そういえば、あそこの店ってなくなっちゃったんですね」などと、

話を振ってみるのが良さそうです。

雑談の中から、意外な情報が拾えるかもしれませんよ。

 

 

まずは出店したいエリアを歩いてみるところからはじめましょう♪

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

居抜きについて詳しくはこちら👇

ミナミ心斎橋で初めてバーやスナックを開業するなら断然【居抜き物件】がおすすめ

スタッフブログカテゴリの最新記事