バーの居抜き物件を探す際に残っていると嬉しい設備や備品とは?

バーの居抜き物件を探す際に残っていると嬉しい設備や備品とは?

みなさんこんにちは!

 

心斎橋エリアでバーを開業する際に初期費用を抑えて

お考えの方でしたら、居抜き物件がおすすめです。

開業までの期間を短縮できるなど、
今回は居抜き物件のメリットについて

書きたいと思います。

 

バー居抜き物件のメリットとは

 

 

居抜き物件なら設備面や集客面などもメリットがあります

 

もし以前の店舗が、これから開業する

予定の業種と同じバーだった場合は、
設備面や集客面などにおいても、
更に恩恵を受けられる可能性がありますね。

 

飲食店の居抜き物件とは

 

以前のテナントが使用していた調理設備、
椅子やテーブルなどの家具、壁や天井の内装、
カウンターや造り付けの棚などの造作が店舗内に

残っている物件のことです。

 

初めて出店するなら、断然「居抜き物件」がおすすめです!!

 

賃貸店舗のスケルトン物件とは

 

床・壁・天井の内装、家具、設備などが一切ない

『建物の躯体だけの状態』
を居抜きに対して「スケルトン」と呼びます。

 

居抜き物件はスケルトン物件と

比較すると、設備や家具などを

そのまま使用することができるため、
コストが抑えられるとともに、
開業までの時間を大幅に短縮することが可能です。

 

例えば飲食店では高価な調理設備や、
排気ダクト工事などが初期費用の多くを占めます。

 

 

 

そのためこれらの設備がそのまま使用できる状態であれば、
大幅な初期費用削減となります。

 

これからも使える設備がそのまま残っていると助かりますよね。

 

居抜き物件をお探しでしたら、サンアクトまで

お気軽にご相談ください。

 

スタッフブログカテゴリの最新記事